NO IMAGE

アトピーの人は要注意。その乳液いらないかも

アトピーの人は要注意。その乳液いらないかも

アトピーに悩まされている方の多くは「保湿が何より大事」と乳液を1日複数回毎日使っていることかと思います。確かに間違ってはいないのですが、もしかするとその乳液がアトピーの原因を作っている可能性があることはご存知ですか。もしかすると、普段使っている乳液は、本当はいらないかもしれませんよ。

アトピーの人にとって乳液が必要な理由

アトピーの人にとって乳液が必要な理由

アトピーは皮膚炎の総称となりますが、往々にしてアトピー患者の皮膚はぼろぼろで、なかなか回復しません。肌がぼろぼろだと外部からのダメージ(石鹸やちりやほこり、水、紫外線、熱など)に対する防御バリアがないので、さらに皮膚は悪化してアトピーは治りづらくなります。

その防御バリアが皮脂なのですが、皮脂がない場合は皮膚が疼いて大人でも我慢できないくらい痒くなります。そのため、乳液を塗って保湿を絶やさないことは、痒みの軽減には効果的であると考えられます。しかし、アトピー患者の中には、乳液を塗っているにも関わらず「水ぶくれみたいな発疹ができるようになった」、「皮膚が赤くなって余計痒くなった」といった症状を訴える人も多くいます。

アトピーでも乳液はいらないことが多い

アトピーでも乳液はいらないことが多い

そもそも論として覚えておいてほしいのは、基礎化粧品の乳液は、本来健康な皮膚の方が使うものであり、アトピーのような皮膚炎を抱えている人にはメーカーも医師もおすすめしていないということです。「乳液=保湿」は確かに正しいのですが、「乳液=アトピー改善・痒みの軽減」とはならず、場合によっては逆効果となることもあります。

例えば一度普段使っている乳液を痒みのひどい肌に刷り込ませてみて、数日使って痒みが軽減したり、皮膚が再生しかかっているのであればいいのですが、そうでない場合は、乳液はいらないという判断をくだして、今後は他の商品含めて使う必要はないといえます。

アトピー患者が乳液がいらない理由。肌になぜ逆効果なのか

アトピー患者が乳液がいらない理由。肌になぜ逆効果なのか

アトピー患者が乳液がいらない理由はいくつかあります。まず乳液には化学薬品が含まれていて、それと乳液に含まれる脂分も無添加というわけにはいきません。アトピー患者には殺菌成分のある消毒液や洗顔石鹸の多用は肌によくなく、無添加せっけんが推奨されるのもこれが理由です。

また、乳液がいらない理由の1つとして、「乳液のせいで埃や細菌がアトピー肌に付着して悪化」とういこともあります。乳液をつけたあとに就寝すると、埃や細菌がアトピーに付着してしまい、肌を余計傷つけてしまうことがよくあります。

乳液はいらない。その代わりのアトピーの痒み対策はコレ!

乳液はいらない。その代わりのアトピーの痒み対策はコレ!

保湿のために寝るときに乳液はいらないことが分かりました。とはいえ何もしないのでは心もとないですね。そこでおすすめしたいのが「オイルフリーの化粧水」と「絆創膏」です。脂分が含まれていない化粧水の中には、肌強化に必要なビタミンC誘導体由来の商品もあります。それを塗った後に絆創膏で痒い部分やあかぎれしている部分に巻いてあげると、ナチュラルな保湿対策ができ、また、患部を埃や細菌から守ることもできます。

乳液はいらない代わりに質の高い化粧水を使おう

アトピー患者の方は、上記でご紹介したように乳液はいらないケースが多いです。しかし、基礎化粧品は各化粧品メーカーが数億円かけて研究開発しているので、肌にはいいはずです。そのため、もし基礎化粧品をアトピーの患部に使うのであれば、浸透成分や栄養成分などに気を遣っている質の高い化粧水を使ってみるのがおすすめです。

ビィビューコスメ「スキンコンディショナー(化粧水」)

日本を中心にアジアで展開しているビィビューコスメの化粧水「スキンコンディショナー」。3種類のビタミンC誘導体・アルブチン・オウゴン根エキスなど複数の美肌成分・保湿成分を含有。化粧水単体でスキンケアが完成する人気の化粧水となります。
>>詳細・購入はこちらをクリック

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。