2021年注目のセラミド化粧品の選び方と正しい使い方

2021年注目のセラミド化粧品の選び方と正しい使い方

2021年注目のセラミド化粧品の選び方と正しい使い方

きめ細かなもっちり肌はセラミドがたっぷりと含まれているから。しかし、20代を境に徐々にセラミドは減少。50代になると若いときの半分しか残りません。そこで、若いうちからセラミドの減少を抑えるセラミド化粧品が2021年のブーム。今回はセラミド化粧品の選び方と正しい使い方をご紹介します。

肌の老化の大きな原因となる「セラミド不足」は20代からはじまる。化粧品の選び方に気を付けよう

肌の老化の大きな原因となる「セラミド不足」は20代からはじまる。化粧品の選び方に気を付けよう

肌の老化には大きく分けて外部要因と内部要因があります。外部要因の主原因は「紫外線」ですが、内部要因の主原因の1つが「肌のセラミド不足」です。セラミドは肌表面の水分を司る角質細胞間にあり、20から30の層の隙間に水分と一緒に満たしている成分です。セラミドは細胞間脂質の50%以上を占めていますが、20代を境に徐々に減少していき、50代になるころには半分以下となっています。また、乾燥肌の人の中には10%しかセラミドが残らないこともあります。セラミドが減少すると、乾燥肌だけではなく、シワやほうれい線が目立ったり、シミができやすくなり、名実ともに「加齢」と呼ばれる減少がおきます。

このセラミドの減少自体は止めることはできませんので、20代のいまのうちからセラミド化粧品を使い続け、セラミドの減少を遅らせることに努めるのが、現代の若者ができる最大限のアンチエイジングとなります。

セラミド化粧品の選び方。若い人はブランドよりも技術に気を配ろう

セラミド化粧品の選び方。若い人はブランドよりも技術に気を配ろう

とはいえ、最近はセラミド化粧品といってもたくさんのメーカーから出ていますし、化粧水や美容液、クレンジングにいたるまで、ほぼすべての基礎化粧品においてセラミド化粧品が出ています。

そこで知っておきたいセラミド化粧品の正しい選び方が「どのようにセラミドを浸透させるのか」といった、いわゆる“技術”的な部分です。現代の科学によって、セラミドとほぼ同じ美容成分は比較的苦労なく作ることができ、さらにヒト型セラミドであれば、親和性が高く定着率も高いです。しかし、「セラミドが肌のキメと毛穴と通り、細胞間脂質のラメラ構造まで行きつき、そこで定着して満たされる(機能する)ためには、高い技術が必要」なのです。

セラミド化粧品の選び方。「セラミドが角質で満たされる」ものを買おう

セラミド化粧品の選び方。「セラミドが角質で満たされる」ものを買おう

セラミド化粧品は上記のように、単純にセラミドだけが含まれていても正直あまり意味がありません。一方で、セラミド化粧品が角質でしっかりと満たされているのを研究の末に確認できた技術があり、それを「リポソーム」と呼びます。リポソームという技術使えば、セラミドをナノカプセルに詰め込み、角質に定着するまで破壊されることがありません。そして、しっかりとラメラ構造に定着した後、徐々にカプセルが溶けてセラミドが浸透していくのです。

ただし、リポソームの技術は数百円で買えるプチプラにはありませんので、やはり化粧水にしろ美容液にしろ、1000~2000円するものを最低でも買うといいでしょう。

選び方を知ったあとは、セラミド化粧品の正しい使い方を学ぼう

選び方を知ったあとは、セラミド化粧品の正しい使い方を学ぼう

セラミド化粧品の選び方を知ったあとは、次は正しい使い方を学びましょう。セラミド化粧品を使う場合、必ず守らなければならないのが「コットンに化粧品を垂らして使う」ことです。せっかくの高い技術をつかったセラミド化粧品だから、余すことなくセラミド含む美肌成分を肌に取り入れたいところです。しかし、手の平に付けてから顔に当てると、セラミド化粧品の効果が実は半減してしまうのです。

なぜなら、セラミド化粧品の液を手の平に垂らした瞬間に、およそ4割の美肌成分が手の平に吸収されてしまうことが研究の結果分かっています(資生堂調べ)。セラミド化粧品の選び方を知ったあとは、その特徴を100%生かすために、必ずコットンを使うようにしてください。

リポソームを使ったおすすめセラミド化粧品はコレ!

ビィビューコスメ「スキンコンディショナー(化粧水」)

日本を中心にアジアで展開しているビィビューコスメの化粧水「スキンコンディショナー」。3種類のビタミンC誘導体・アルブチン・オウゴン根エキスなど複数の美肌成分・保湿成分を含有。化粧水単体でスキンケアが完成する人気の化粧水となります。
>>詳細・購入はこちらをクリック

ビィビューコスメ クレンジングローション

日本発化粧品ブランドの「ビィビューコスメ」が発売するクレンジングローション。ダブル洗顔不要。濡れた手で使えるバイコンティニュアス技術が使われています。
>>詳細・購入はこちらをクリック

2021年注目のセラミド化粧品の選び方と正しい使い方
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。