肌の弱い女性の化粧水の選び方と使い方

肌の弱い女性の化粧水の選び方と使い方

肌の弱い女性の化粧水の選び方と使い方

肌の弱い女性は、日々使う化粧品にも気を遣う必要があります。今回紹介するのは基礎化粧の中でも最も疎かにしがちの「化粧水」。肌の弱い女性が使う化粧水の選び方や使い方をご紹介します。

肌の弱い女性は化粧によって肌を傷めている可能性が高い

肌の弱い女性は化粧によって肌を傷めている可能性が高い

肌の弱い女性は、ちょっとしたストレスやホルモンバランスの乱れがニキビや吹き出物につながったり、アトピー性皮膚炎を持っていたり、少しでも肌に合わない化粧品を使うと、アレルギー反応を起こすことがあります。肌の弱い女性は特に化粧品を注意しなければならないのはご存知ですか。

化粧水や美容液、乳液などは、多くの女性がほぼ毎日使いますし、アレルギー反応を示せばまだいいのですが、もし無症状で肌奥でダメージが蓄積している場合、20代後半頃からどっと肌荒れや皺が表に出てきます。いままで10年、20年と積み重ねてきた肌ダメージとなるので、ちょっとやそっとの美容整形では回復できない場合がほとんどです。

化粧水と美容液に注意を!肌が弱い人は逆効果かも

化粧水と美容液に注意を!肌が弱い人は逆効果かも

基礎化粧品の中でも、化粧水と美容液は毎朝外出前に使うのが普通。しかし、肌の弱い人が誤った使い方を続けていると、返ってこの化粧水と美容液が肌荒れやニキビ、アトピーの悪化をもたらしている可能性もあります。

肌の弱い人が化粧水を使うポイントと注意点

肌の弱い人が化粧水を使う場合、まず最初は必ず水で顔を拭ってください。就寝中、顔には空気中の細菌や埃、ちりなどが付着するほか、枕や布団、シーツにも細菌はたくさんいます。そのため、化粧水をつける前に汚れを落とさないと、その後の美容液と混ざった肌奥へ入り、毛穴から炎症を起こしてしまう可能性もあります。

また、近年は基礎化粧品の中でも化粧水の開発技術が著しく発展していて、ナノテクノロジーを使った化粧水も、比較的低価格で出回ってきました。しかし、ナノマイクロメートルレベルの成分分子は、手の平に載せると途端に吸収されてしまい、半分が失われてしまいます。そのため、高度な技術が使われている化粧水は、必ずコットンに付けて使うようにしましょう。

肌の弱い人が美容液を使う場合は、油分に気を付けよう

続いて肌の弱いに人に気を付けてほしいのが美容液です。美容液は成分の“つなぎ”と保持力を高めるため油分を多く含んでいます。この油分が毛穴に詰まって皮脂となってアクネ菌の過剰繫殖に繋がる可能性も考えられます。また、美容液には数十の化学成分が含まれているので、肌の弱い人ならば、そのいずれかの成分で思わぬ肌ダメージを受けることもあります。皮膚科に行けばパッチテストをすることも可能ですが、上述したように成分は数十とあるので、どの成分が自分によくないのかは、探し当てることは正直困難です。肌が弱いと自分で認識している人は、いっそのこと美容液は使わない、という方向で考えるのもおすすめできます。

肌の弱い人の化粧水選び方。ポイントは「ナノ技術」

肌の弱い人の化粧水選び方。ポイントは「ナノ技術」

肌の弱い人の化粧水の選び方の1つとしておすすめしたいのが「ナノ技術を採用している化粧水」です。上記でも説明しましたが、一昔前と違い、いまの化粧水は美容液のブースターだけではなく、化粧水自体が高度な美肌成分と技術が使われています。いまではドラッグストアで数百円の化粧水でも「ビタミンC配合」、「セラミド配合」と謳ったものがありますが、これら安物にはナノ技術が使われていません。そのため、例えば高濃度のビタミンCやセラミドを配合していたとしても、肌奥に届く前にほぼすべてが破壊されてしまいます。

肌が弱い人のおすすめの基礎化粧品ラインナップ

肌が弱い人のおすすめの基礎化粧品ラインナップ

肌が弱い人は、上記でご紹介したナノ技術を使った化粧水と肌に優しいダブル洗顔不要のクレンジング、そして出かける前のUVカットクリームの3つだけで化粧をしてみてはいかがでしょうか。自分の肌が乾燥肌と分かっているのであれば、保湿はしたいところですが、その場合は乳液を少しつける程度でいいでしょう。なるべくオイルフリーで化粧を済ませるのがポイントとなります。

ナノ技術が詰まった化粧水はコレ!高級ブランドに使われている技術と成分

ビィビューコスメ「スキンコンディショナー(化粧水」)

日本を中心にアジアで展開しているビィビューコスメの化粧水「スキンコンディショナー」。3種類のビタミンC誘導体・アルブチン・オウゴン根エキスなど複数の美肌成分・保湿成分を含有。化粧水単体でスキンケアが完成する人気の化粧水となります。
>>詳細・購入はこちらをクリック

肌の弱い女性の化粧水の選び方と使い方
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。