コスパのいいクレンジングの条件は?効果を検証

コスパのいいクレンジングの条件は?効果を検証

コスパのいいクレンジングの条件は?効果を検証

ほとんどの女性は毎日メイク落としにクレンジングを怠らないかと存じますが、普段からたくさんの化粧品を使っているならば、どうしてもクレンジングはコスパを気にしてしまいます。なるべく安くいいクレンジングを買いたいと考えている方は、今回ご紹介するコスパの良いクレンジングの条件を学習してみてはいかがでしょうか。

クレンジングに何を求めるかで予算(コスパ)が変わる

クレンジングに何を求めるかで予算(コスパ)が変わる

まず、クレンジングにあまり予算をかけず、コスパを重視する人というのは、「クレンジングをメイク落としのみの効果」と誤解している傾向にあります。クレンジングは肌にこびりついた頑固なメイクを落とすことができ、これは化粧水や美容液では叶いませんし、どんなに高級な洗顔石鹸でも代用することはできません。クレンジングのユーザーに予め知っておいてほしいのは、クレンジングは最先端の美容科学・テクノロジーが使われているということ。そして、テクノロジーによる美肌効果と商品の値段は基本的に比例するということです。

先進国として成熟した日本では、近代に入ってから国産含む世界中の良質なものを手に入れることができるようになったので、「安くて良いもの」を見つけることが心理的に染みついています。しかし、クレンジングにコスパを求めてしまうと、もしかすると「なかなかメイクが落ちない」、「脂っぽさが消えない」といったトラブルに見舞われる可能性もあります。それは、最新化学の美容液やファンデーションにクレンジング能力が追い付いていないからです。

でもクレンジングにもコスパを求めたい!そんな人の考えるべきこと

でもクレンジングにもコスパを求めたい!そんな人の考えるべきこと

とはいえ、10代、20代のうちはファンデや美容液などにお金をかけて、化粧水やクレンジングは安く抑える女性が大半かと思います。そのため、クレンジングにどうしてもコスパを求めてしまうのも心理的に仕方のないことなのかもしれません。そこで、クレンジングにコスパを考えたときの商品の選び方、及び条件をご紹介します。

濡れた手で使えるクレンジング。安ければコスパ抜群!

ここ数年で増えてきた「濡れた手でも使えるクレンジング」、「お風呂場で使えるクレンジング」といった製品。もし予算内で同PRを謳っているクレンジング製品に巡り合えたならば、それはコスパ抜群なので即買いの対象です。そもそも一昔前までは水がクレンジング液に混ざると、効果が半減してしまうのが普通でした。しかし、昨今はナノ技術が発達して、クレンジング成分を水から守るテクノロジーが一部のクレンジング製品で使われるようになりました。もし1000~2000円台で買うことができればコスパは申し分ないので、是非探してみてください。

洗浄成分ではなく、浸透(肌強化)成分を謳っているクレンジングもコスパが高い!

実際のところ、洗浄成分を高めることじ自体はそれほど難しくなく、大切なのは洗浄成分が高くなるにつれ、肌を傷めるダメージも強くなるため、そういった副作用を守る肌強化の成分が含まれているクレンジングを選ぶのがおすすめとなります。「頑固なメイクも即落ちる」といった洗浄力を謳うクレンジングは、プチプラを名乗る安物に多いですが、返って肌を傷つけてしまうことがよくあります。そういったクレンジングは、いかに安くてもコスパが高いとは言えませんよね。

クレンジングは1000円以上2000円以下でコスパ高の製品を選ぼう

クレンジングは1000円以上2000円以下でコスパ高の製品を選ぼう

数百円で買えるクレンジングは品質の悪い洗浄成分や油分を使っているのでおすすめできません。コスパが高いと言われるのは、一般的に1000円から2000円の価格帯。上記の条件を満たすクレンジングを見つけたい場合は、ドラッグストアよりネット通販がおすすめです。日本のドラッグストアは大手化粧品メーカーしか陳列しないので、上記条件を満たすのは資生堂やコーセーといった高級化粧品メーカーのみです。

おすすめはコレ!ビィビューコスメのクレンジング

ビィビューコスメ クレンジングローション

日本発化粧品ブランドの「ビィビューコスメ」が発売するクレンジングローション。ダブル洗顔不要。濡れた手で使えるバイコンティニュアス技術が使われています。
>>詳細・購入はこちらをクリック

コスパのいいクレンジングの条件は?効果を検証
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。