antiaging image

しわやたるみの気にならない美肌を保つためのアンチエイジング方法

antiaging image

年齢を重ねるにつれ、しわやたるみなどの肌の老化が進みます。アンチエイジングは肌の老化対策に行うことです。アンチエイジングの具体的な方法は色々なものがありますが、最も大事なことは紫外線から肌を守ることです。紫外線は皮膚を老化させ、弾力を失わせて、しわやたるみを増やす作用があります。紫外線の肌への影響を緩和するために、日焼けどめを使うようになった人も大勢いますが、誤った方法では期待した効果が得られません。紫外線を防ぐためには、正しい方法で日焼け止めクリームをつける必要があります。

パウダー型やクリーム型など色々な日焼け止めがありますので、それぞれの特性を知る必要があります。薄くつけると紫外線を遮る十分な効果を得ることができませんので、説明文に記載されている量をつけるようにしましょう。一回で塗り広げようとするよりも、狭い範囲を何度かに分けて塗ったほうがうまくいきます。水を弾くウォータープルーフタイプも日焼け止めもありますが、こすると剥がれますので過信は禁物です。日焼け止めをつけても目立たないような商品もありますので、日常使いにも積極的に利用して紫外線を遮りましょう。

メイクをした後で日焼け止めをつけ直したいという時は、パウダータイプが使いやすいでしょう。紫外線は、年間いつでも地表に到達しています。太陽の光がそれほど強くないように見える日でも、紫外線対策が重要になります。

お肌の若返り方法

antiaging image

若返りでお肌をきれいにする方法とは何でしょう。しわやたるみが目立つようになると急に人は年を取って見えます。皮膚は、老化が顕著に現れる部分だといえるでしょう。顔だけでなく、全身のケアをきちんと行うことで、しみやたるみ対策が可能になるといいます。日々のお手入れが、お肌の若返り方法では有効だと言われています。

お肌から水分を逃がさないことが大切になってくるので、徹底して保湿ケアをするようにしましょう。若返りにいいスキンケアを行うために、年齢とともに不足していくセラミドなどの保湿成分を配合したスキンケア商品を使って、毎日欠かさずケアをすることが重要です。

たるみ対策は筋肉の活性化が重要になるので、リンパの流れや血行を整えて、程良いマッサージを行いましょう。健康に役立つ栄養素を、サプリメントや食事で補うことも、若返りに効果がある方法です。皮膚のハリをよくする成分には、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどがあるといいます。ビタミンやβカロチンのような抗酸化力の高い成分を摂取することで、若返り効果を高める方法もあります。

日焼け対策をしっかりと行うことも、お肌の若返り方法の中心となるものです。雨の日や冬のさなかでも紫外線はありますので、毎日の注意が重要です。お肌の若返り方法重要なのは、普段から丁寧にお肌のケアをすることだといえるでしょう。

しわやたるみ とコラーゲン

しわやたるみの原因の1つに、紫外線が引きおこす肌の光老化があります。皮膚の弾力を維持するコラーゲンが紫外線によって破壊されることで、しわやたるみが出てくるのです。もしも肌の弾力を高めるためにコラーゲンを摂取することができれば、しわやたるみの少ない肌になることができると言われています。コラーゲンがお肌に及ぼす影響について知っておくことで、スキンケア用品や美容サプリメント選びに役に立ちます。

美肌に効果があるというコラーゲンは皮膚だけでなく臓器や関節のも存在し、肌のハリをよくする作用があります。若い頃は豊富にあったコラーゲンでも、年齢を重ねれば失われていきます。コラーゲンが十分にない皮膚は、ハリがなくなって皮膚が自重で垂れさがりやすくなり、たるみやしわが増加していきます。皮膚のたるみ度合いが大きくなるとしわも深くくっきりしたものになります。

コラーゲンの補給は、肌のためには大事なものといえるでしょう。しわやたるみのないお肌を維持するには、肌の何らかの方法でコラーゲンの多いお肌になることでしょう。紫外線を浴びた肌は、コラケナーゼという物質が分泌されます。この物質はコラーゲンを破壊する働きがあるので、使用する時には要注意事項としてあつかわれます。

日焼け止めクリームを使うのは夏だけで、それ以外の季節ではほとんど使ったことがないという人もいますが、紫外線対策は常に策を講じる必要がある事柄だといえます。たとえ太陽光がそれほどきつくない時でも、紫外線量が意外と多いという日もあります。秋や冬、曇り空の日であっても、しわやたるみの対策は十分にしていきたいものです。

しわを改善する成分

多くの人が、しわ対策に有効な成分を含有している化粧品でしわ改善を目指しているようです。しわを改善するためには、さまざまな美容成分が必要です。

しわを改善するために最も欠かせないのが、肌の乾燥を防ぐ成分です。ホホバ種油、スクワラン、オリーブ果実油、セラミド(スフィンゴ糖脂質やグルコシルセラミド)、ヒアルロン酸が肌の乾燥予防に効果があるといいます。特に乾燥による小じわやちりめんじわの改善に必要な成分です。美容成分を含んだ保湿化粧品をたっぷり使えばしわの改善をすることができます。

ビタミンA、ナイアシン、ビタミンCなどコラーゲンの体内での生成量を高める成分も重要になってきます。真皮の弾力を高めハリをアップさせる働きがあるので、しわがつきにくい肌に変化します。しわだけで無く、肌のたるみの対策にもなる重要な成分です。

肌の酸化予防も、しわ改善には重要です。酸化を予防する成分には、ビタミンC、ビタミンE (トコフェロー)、ゼニアオイ花エキス等に含まれるポリフェノールがあります。肌を酸化させ、弾力の低下を招くのが活性酸素です。年齢と共に活性酸素に立ち向かう力は低下していきます。化粧品から抗酸化成分を補給することによって、しわ改善効果が期待できます。

コラーゲンと糖が結合することによる糖化により、もともとのしなやかな構造を失ってしまい、肌の張りや弾力が低下をしてしまいます。桜の花エキス (サトザクラ花エキス)には、抗糖化作用の研究がされており、糖化してしまったコラーゲンと糖を分解し、しなやかな構造に戻すために重要な成分です。

じぶんのしわの原因は何かよく考えて、自分のしわを改善する成分の入った化粧品を選ぶことが重要ではないでしょうか。

antiaging image
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。