acne image
acne lady image

にきびの痕で消えないものを作らないためにも、スキンケアはとても大切です。日頃から、にきびができないように気を配ることが大事です。皮脂の汚れや炎症がにきびの理由だとされていますが、それらの原因は油脂の多い食事や不規則な生活です。特に睡眠不足はにきびに限らず肌全般、さらに健康にもよくないのでとにかくしっかり睡眠をとりましょう。栄養の乱れも、皮膚に影響を及ぼすことがあります。特に脂っぽい食事は皮脂も増えるので、にきびができているときには控えめにしたほうが無難です。

肌のターンオーバーにはビタミンCが効果的です。ビタミンCは色素沈着にもいいので、にきび痕の速やかな回復のためには積極的に摂取していきましょう。茶色のにきび痕があるなら、日焼けはしない方がいいようです。日焼け止めクリームなどを積極的に使って、にきび痕を悪化させないようにしてください。

できたにきびは基本的にはいじらないことで、髪が当たったりするのもよくありません。にきびを気にして前髪で覆う人もいますが、にきびが髪に触って症状が進む可能性もあります。また、ストレス対策はにきび対策になります。にきびをにきび痕にしないためには、にきびを刺激しないということの他に、ストレスを溜めすぎてにきびの温床を作らないということもあります。

にきび跡の赤みを予防する

acne lady image

にきびができても、赤みやにきび跡にならないように注意しましょう。新しいにきび跡の赤みさえできなければ、それ以上お肌が荒れることもなく、今のにきび跡の赤み治療に集中できます。にきび跡や赤みのない肌を作るためにも、新たなにきびができないようケアをしましょう。

にきび対策の基本である、洗顔方法の注意点を2つお話しましょう。顔を洗う前に、洗顔料でいい泡を作りましょう。洗顔料で作った泡で顔を包み込むように洗うことで汚れを浮かせて優しく洗えますし、顔と手の間に泡のクッションを置くことによって肌への負担なく洗顔をすることが可能です。強く擦ると皮膚に傷がつく心配があり、そうなると肌に悪影響を及ぼす可能性があります。洗顔の重要な点に洗顔料の成分をきっちり洗い流すことがありますが、それをしやすくするためにも、弾力のある泡で顔を洗う習慣をつけましょう。

洗顔時の大事な点としては、この他に、絶対に手で擦らず、肌に負担がかからないようソフトな洗い方を心がけることです。石鹸の持つ界面活性剤の効果で油汚れなどは浮き上がらせるものであり、こすって落とすものではありません。代謝によって皮膚から取れつつある古い皮膚が、洗顔時に顔を擦ることで毛穴に押し込まれたり、強くこすることで肌に負担になることもあるのでくれぐれも注意してください。毎日の正しい洗顔方法で、にきび跡の赤みを徹底的に予防しましょう。

洗顔は美肌のためのスキンケアの基本

lady image

クレンジングと洗顔がきちんとできていれば、おのづと美肌に近づきます。日々のスキンケアをきちんと行っているのにお肌のコンディションが良くないという人は、洗顔方法の見直しが必要かもしれません。誤った洗顔の代表的なものは、顔の洗いすぎ、こすりすぎ、熱すぎる湯を使った洗顔です。

美肌になれる洗顔とは、一体、どういう手順で行うものでしょう。古くなった皮脂や油分、その日のメイクによる汚れ、空気中のごみや花粉など、汚れの種類は何パターンがあり、それぞれ性質が違います。汚れが残っているとお肌の健康にも、美肌にも、よくありません。クレンジング剤のような油を分解する洗顔料が、メイク汚れに対しては必要です。洗顔料を適切に用いることで、皮脂汚れや古くなった角質層などを取り除けます。ダブル洗顔をせずとも、皮膚の汚れをきれいに洗い流すことができる洗顔料も注目されています。

美肌を目指して洗顔を行う場合には、どんな汚れに対してどんな洗い方が最も合っているかを知ることです。美肌を目指して洗顔を行うなら、誤った方法にならないようにしましょう。洗顔のやり方が誤っていたために、肌にダメージを与えてしまったということになっては美肌を損ないます。

肌への負担が少ない洗顔料ならビィビュークレンジングローション

bbeaupr.img

化粧落としに使うクレンジング剤には色々な種類がありますが、特にビィビュークレンジングローションは肌の刺激がマイルドであることが利点です。クレンジングローションは透明でトロリとしていて、肌が乾燥しやすく荒れやすい人にとっても、安心して使うことができるものです。

洗浄力が弱いからしっかり落ちないというイメージになりがちですが、ベースメイクを落としてくれる能力はあります。肌を傷つけることなく汚れのみを除去してくれるという特性が、ビィビュークレンジングローションにはあります。お肌が分泌している油分までクレンジング剤で分解してしまうと肌の乾燥の原因になります。

アイメイクはマスカラやアイラインなど濃い目になることが多いので、クレンジングローションのような洗浄力が弱いタイプでは洗いきれないことがあります。頬や目元など、特にくっきりとしたメイクをする部位は、クレンジングローションでは洗浄力が足りないこともあります。濃い化粧をビィビュークレンジングで無理に取ろうとすると肌に負担をかけるようなことになるので注意しましょう。無理せずにアイメイクリムーバーなどの別のクレンジングを使って、部分的にメイク落としをした方が得策です。

ビィビュークレンジングローションだけで顔のお手入れができるのは、日頃メイクはそれほど濃くしていない人に限りません。化粧落としは毎日したいけど、肌が乾燥や刺激に弱くて、洗浄力の強すぎるクレンジング剤は使えない人に向いています。

acne image
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。