lady image

乾燥肌を改善するスキンケアのポイントについて

beauty image

毎日丁寧にスキンケアをすれば、乾燥肌を改善することが可能です。日々のスキンケアをする時に、乾燥肌であることで意識することといえば、もう乾燥させないでケアをするというものです。洗顔や化粧品でのスキンケアをしていると思いますが、もしかしたらそのスキンケアが乾燥肌を進行させている可能性があります。大事なことは保湿効果の高いケアを施すことですが、そのための方法を理解しておきましょう。

スキンケアの基本は、洗顔にあります。毛穴に皮脂汚れやメイク汚れが詰まり、汚れの油分が酸化すると皮膚を傷めるからです。とはいえ、洗顔ケアのやりすぎは、肌本来のバリア機能を損ね、肌の乾燥を促進してしまうので要注意です。乾燥肌の進行を抑えるためには、洗顔は優しく行うことがポイントです。

お肌が乾燥しないように分泌されている油分まで洗い落としてしまわないように、手早くこすらずに洗顔をします。長時間の洗顔は必要な潤いを失う原因になるので、洗顔は1分以内で終えるようにします。また、洗顔後のすすぎに用いるお湯が熱すぎるとと油分が溶けて流れていってしまうので、30℃~35℃くらいのぬるい湯を使ってください。顔を洗った後は乾燥対策にスキンケアを施します。もしも乾燥が気になるなら、含有油分が多めのクリームをつけるようにしてください。乾燥肌の状態でいると肌トラブルを起こしやすいため、メイクをする時も刺激しすぎないようにしましょう。

乾燥肌にはセラミド配合の化粧品と正しいスキンケアを

beauty image

肌の乾燥に悩まされている人は、保湿化粧品を活用するのがお勧めです。保湿化粧品にはさまざまな成分が使われていますが、どのような成分を選ぶとよいのでしょうか。乾燥肌におすすめの成分と言えばセラミドで、この成分は肌にもともと存在していて、水分を挟み込むようにして潤いを保持してくれています。

20代を越えるとお肌のセラミドが減りやすくなりますが、セラミド不足の皮膚はすぐに乾燥してしまいます。セラミド不足の解消のために、スキンケアでセラミドを補充するといいでしょう。疑似セラミドや植物セラミドが配合されている化粧品よりは、ヒト型セラミドが主に使用されている化粧品が適しています。ヒト型セラミドは人間の皮膚に存在しているセラミドと似た性質があり、皮膚に負担をかける心配もそれほどありません。

セラミド配合の化粧品でスキンケアをすることで肌に潤いが生まれることが期待できます。スキンケアのやり方を間違えると皮膚の乾燥が悪化してしまうので気をつけましょう。お肌に化粧品をつける時は、強くこすったり、肌を引っぱったりすると肌の潤いが失われ、バリア機能が弱まりまする皮膚をこすって角質層にキズをつけたり、肌を過度に刺激することをしていると肌の自前の乾燥予防機能が弱まり、乾燥しやすい状態になります。

乾燥肌とスキンケア

beauty image

季節の変わり目は、乾燥肌の人は特に大変なようです。気候やエアコンによって湿度が毎日変わる環境が続きます。しっかりとスキンケアをしている人でも乾燥肌になる時期です。

しわやたるみが目立ってくるのは年のせいばかりではなく、肌の乾燥も関係しています。乾燥肌は特にスキンケアによる保湿が重要になります。体質と肌質は人によって違います。しかし、多くの人がスキンケアの方法を誤ったために乾燥肌になってしまっているともいいます。

乾燥肌を防ぐために、どのようなスキンケアをしたらいいのか知っておく必要があります。お風呂上がりは、肌の水分が失われやすい時です。できれば化粧水は惜しまず使って、肌に十分な水分を与えることによって保湿ケアをするようにしましょう。

意外に知られていないのが正しい洗顔の方法です。誤った洗顔をしていると肌が乾燥しやすく、乾燥肌の原因にもなります。日頃から適切な洗顔によるスキンケアをすることです。お化粧をした日は帰宅後すぐにクレンジングを行い、保湿ケアで肌に水分を補うようにします。人によってはクレンジングの後に洗顔料でもう一度顔を洗うこともよくあります。ダブル洗顔を行うと皮膚の必要な水分まで失われがちですので要注意です。顔を洗うとどうしても肌がつっぱる感じがするならば、保湿を中心としたスキンケアを洗顔後にしっかり施すことが大事です。

lady image
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。