lady image

美肌作りには摩擦と刺激を与えないスキンケアがポイント

lady image

評判がよく効果のある基礎化粧品を使っていても、生活習慣にも気を配っていても、美肌になれないとお悩み女性もたくさんいます。肌のためになると思ってやっていたスキンケアが、根本的に誤っているために肌を傷めていることもあります。人間のお肌はとても薄くデリケートなので、美肌ケアをするなら、注意深く肌を扱っているかどうかが重要になってきます。

肌のデリケートさは知っているつものでも、実際の洗顔ケアでは、肌への負担が大きすぎる可能性もあります。一度、自分のスキンケア方法は正しいかどうかを見直してみましょう。肌のたるみやしわを解消したくて、スキンケアの際に皮膚を強く引っぱり上げてみたり、しわのある場所を引き延ばしたりする人もいます。肌の相当に薄く出来ており、摩擦や刺激によるダメージには弱いので、スキンケアも意識して行うようにしましょう。化粧水や美容液をつける時に皮膚を押しすぎないように心がけ、そうっと触れるくらいのタッチでつけていきます。豆腐の表面をマッサージした時に豆腐が崩れないくらいのさじ加減を意識してスキンケアをしましょう。

油分や水分が混じった分泌液が毛穴から出ることで、肌は外界の乾燥や刺激が届かないようにしています。力を入れたりこすったりする化粧品の使い方では、バリア機能が壊れてしまって様々な肌トラブルが起きてしまいます。肌本来の油分を奪ったり、デリケートな肌にダメージを与えることがないように、スキンケアの加減を考えることが美肌のポイントです。

美肌作りに効果的な飲み物を利用する方法

beauty image

飲み物で美肌になれるという場合、目の玉が飛び出すくらい高い飲み物を毎月買い続けるという印象を抱く人がいるようです。

確かにそのような飲み物を飲むのも美肌に良い方法の一つと言えます。安価で飲みやすい、美肌になれる飲み物だとなれば、一度は試してみたいと考える人も大勢いるものです。美容に関心の高い女性の中には、美肌成分が含まれたドリンクを飲みたい人が多いようです。

美肌を意識するなら、ミネラルウォーターをこまめに摂取するという方法が推奨されています。カリウムなど、ミネラルウォーターに含まれている成分は、デトックスの効果が期待できます。腸の機能を助けて、便秘を解消することで美肌効果を高めてくれるマグネシウムの補給にも役立ちます。

ヨーグルトは乳酸菌の働きが美肌効果を生むのは、よく知られていることです。肌をきれいにするには、腸の働きを活発にしてくれる乳酸菌を摂取するために、ヨーグルトドリンクがお勧めです。美容成分であるビタミンB群が、ヨーグルトドリンクからは摂取可能です。ビタミンB群は肌の新陳代謝をスムーズにすることで、傷んだ皮膚を排出し、新しい肌細胞に変える作用が期待できます。日常的に飲んでいる飲み物を美肌にいいものにすることで、特別なケアをしなくても、憧れの美肌を得ることが可能です。

美肌作りのためのアンチエイジング対策

study image

肌の老化を食い止め、美肌を維持するためには、どのようなアンチエイジングが効果的でしょう。

表情筋を意識して使うことによって、重力老化の肌への作用を減らすことができます。表情豊かな人はそれだけで若々しく見えます。よく話し、よく笑うこと自体にも、アンチエイジング効果があるといいます。顔のリンパ腺をマッサージすることも、重力老化に効果的ですので、マッサージでのアンチエイジングもいい方法です。

紫外線からお肌を守ることが、光老化のアンチエイジングに効果的です。光老化を引き起こす紫外線には、A波B波C波の3種類があります。UV-Aは最も波長が長く、建物の中にいても窓を越えて皮膚に届き、光老化の作用を及ぼします。美肌を保つためには、肌のコラーゲンを減らしてしまう紫外線のA波対策は必須ともいえます。波長が短いB波は、エネルギー量が多くてメラニン色素の生成を促すという特長があります。しみやそばかすが増加する理由になってしまいます。

紫外線が最も強い時間帯は午前10時から午後2時です。この時間は出かけないのがお肌のためですが、A波はどの時間帯でも肌に届きます。肌を老化させる要因の1つにストレスがありますが、ストレスの作用は千差万別です。確実なストレス回避の方法が無く、一番厄介な美肌とアンチエイジングの敵かもしれません。

lady image
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。