baby uv-care image

赤ちゃんや子どもにも必要な紫外線ケア

cute baby image

紫外線ケアを子どものころからすることが、重要だといいいます。かつては、子どもが日焼けをしながら外で遊ぶ姿が、健康にいいと考えられていたものでした。最近では、紫外線が体に悪いことも知られてきており、紫外線ケアをすることは重要なことであると日本国内でも知られつつあります。

皮膚がんになりやすさは、小さいうちに強い紫外線を長時間浴びているような人ほど、高いとされています。まだ若い頃からたくさんの紫外線を浴びていると光老化がしやすいともいいます。紫外線の体への影響をまもるためには、早め早めの対処をとっておく必要があります。

人体は、18歳になるまでに、死ぬまで受ける紫外線の半分を受けているとされています。大人になってからの肌や体は、小さいときに浴びた紫外線に対してどのように対応していたかにも関わっているわけです。

紫外線が子どもの体にとって悪いものだからと朝から晩まで暗い部屋に子どもを押し込めておくことはよくありません。屋外で行動するにしても、時間帯や季節柄を考えて、紫外線がそれほど強くないタイミングを狙うことが重要になります。紫外線のあまり強くない場所を選んで子どもを遊ばせるようにすることも、子どもへの紫外線ケアでは大事なことです。

日の光を全身に浴びないように、日陰のある場所で遊ぶようにしてみてください。UVカット効果がある帽子や上着を身につけ、日焼け防止クリームを使うことも、紫外線ケアには効果的です。紫外線がなぜ体によくないのか、どんな作用があるかを、子どもにわかってもらうことで、子ども自身が自発的に紫外線ケアをするようになります。

紫外線からのしみやしわの予防

年を取るとだんだんとお肌のしみやしわが目につくようになるものです。しみやしわのないお肌になるために、まずすべきことはどういったことでしょう。

しみやしわは、紫外線の影響によって増えるといいます。紫外線を肌に浴びないように気をつけることです。しみができる前に対策を講じる方が、しみができてから何とかするより簡単ですので、まず太陽光に気を配ります。曇っている日も、冬場でも、紫外線は地球上に到達しています。日焼け対策やUVカットは、どんな時でも欠かさないようにしてください。

お肌にできるしわも、紫外線と関わりがあります。紫外線による光老化で、肌の状態が変化しているためです。目もとや口もとの皮膚が乾燥するのは、紫外線が皮膚を乾燥させているためでもあります。薄くデリケートな肌が乾燥すると小さなしわがたくさん刻まれるようになります。乾燥が進むとどんどんしわが目につくようになります。保湿成分を含む化粧水などを使っても、紫外線による肌の乾燥のリカバリーはできません。紫外線によってズタズタになったコラーゲンを戻すことができないためです。

日ごろから紫外線対策をしておくことが、しみやしわを未然に防ぐ手立てとなります。年を取ってもしみやしわの少ない状態を保ちたいという場合、UVグッズやサンオイルなどで紫外線が肌に届く前にカットすることです。

お金をかけずに手軽にできるアンチエイジングの方法

cure baby image

どんな人でも気軽に取り組めて、コスパもいいアンチエイジングの方法が人気です。加齢に逆らっていつまでもキレイでいたいという女性は、アンチエイジングの方法に興味があると思います。アンチエイジングは継続して実践することが大事ですから、高い化粧品を使えばいいというものではありません。まずアンチエイジングをする時に一番気をつけたいのが光老化です。

肌の老化を促進する紫外線は、ガラス窓も透過しますので、1日じゅう家で過ごすような日でも、紫外線対策はしておきましょう。朝の洗顔を終えたら、そのまま日焼け止めをつけるとか、屋外で作業をする時は帽子をかぶる習慣をつける、短時間の外出でも日傘を差すなどの工夫が大事です。最近は、紫外線による肌の影響を軽減するために、サプリメントを飲むという人もいます。

アンチエイジングの方法として軽い運動もあり、体重管理や健康面以外に、美容効果にも期待できます。運動によって全身の血流が良くなることで、肌の若さを保つための栄養も行き届きます。ウォーキングのような負荷の少ない運動方法は、すぐにでも始められて手軽な方法です。出勤や移動の際の歩く距離を増やしたり、ペースを早めて歩く習慣をつけることも、運動量を増やすことにつながります。日常的に続けていけるような、簡単な方法でアンチエイジングを行うことが、若々しい肌を維持するためには大切と言えます。

baby uv-care image
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。