slim lady image

痩せる には生活習慣の改善を

slim lady image

毎日の 生活習慣を見直し、健康的な日々を送ることは、食事内容を改善することと運動をすることと同じくらい 痩せる 効果があります。健康にいいダイエットをしたいなら、痩せる食事や運動も大事ですが、睡眠と食習慣に配慮して、生活改善に取り組むことです。

痩せることが可能な生活を送りたいのであれば、寝る時間は夜12時より早めにしておくこと朝食を十分に摂取できるように早起きをして、早朝の運動をすることです。1日じゅう予定がない日でも、夜更かしをせず、早く起きるようにするといいでしょう。健康的な体型の人は、たとえお休みの日だったとしても活動的に過ごしているようです。

食事の後は、手早く切り上げて食器を洗い、歯磨きを済ませてめりはりをつけましょう。食器を片付け、歯を磨いてしまえば、食事の後に何かを食べ続けたり、間食を食べたりしづらくなります。

痩せるためには、シャワーで済まさずに、バスタブに湯を入れ体を温めるようにしましょう。痩せるためには湯に体をひたすことは効果的ですし、冷えの解消やデトックスにもなります。お湯の中に体を沈めて全身を温め、ストレッチやマッサージによって血流を促進することもいいでしょう。食事の量を減らしたり、運動量を増やすだけでは、健康的に痩せることは困難です。毎日決まった時間に起き、食事をして、早めに就寝することは、痩せるためにいい影響をもたらします。

美容に良い食事の摂り方

healthy food image

美容のためにさまざまな工夫をしている人も多いようですが、毎日の食事の摂り方でも工夫することができることをご存知でしょうか。髪の質や肌荒れのないなめらかなお肌をつくるためには、体にいい食事を心がけることです。新陳代謝が活発になれば、お肌のコンディションも自然とよくなります。

代謝を上げる食事をするようにするといいでしょう。お腹がすいてくると人間の体はエネルギーを消費せずに蓄積しようとし始めます。食前に牛乳をコップ一杯飲んでおくことで、エネルギーの吸収をゆるやかにして過食が防止できます。朝昼晩の食事をきちんと摂取することよってエネルギーの代謝効率がよくなり、美容効果もあがるといいます。夜は腸の働きがよくなり食べ物の吸収率がよくなりますが、消費エネルギーは少なくなります。夕食は大豆などカロリーの少ないたんぱく質を摂り、脂質が多くなりすぎないようにすることが大事になります。就寝より3時間前には、食事は済ませてしまいましょう。

和食を意識した食事をすることが美容のポイントです。和食では主食となるお米は、美容もいい食材です。魚や野菜中心のおかずは、脂質が少なく低カロリーです。どんな順番でものを食べるかも、美容にいい食事をするためのコツです。おすすめの順番は最初にスープや野菜、その次におかずや主食になるものです。日々の食事の中での心がけを忘れないことで、美容も健康にもいい食事をすることができます。

痩せるには食事と運動が大切

running lady image

食事と運動の両立てが、痩せるには欠かせないことといえます。食事による摂取カロリーを減らして、運動による消費カロリーを増やすことが痩せるための基本です。運動は大きく分けると無酸素運動と有酸素運動の2種類があります。

汗はあまりかかず、筋肉に一瞬の力を込めて行う運動が無酸素運動であり、腕立て伏せや腹筋運動などがあります。有酸素運動には、ランニングやウォーキング、水泳のような継続的に体を動かす運動があります。汗をかきながら体を動かす運動ですが、運動強度は会話ができるくらいの軽度なものです。有酸素運動は、ダイエットに向いた運動です。

痩せる効果があるのは、体内の脂肪を燃焼できるためです。筋肉が多い体は基礎代謝が増えますが、痩せるためには、その筋肉をしっかりと使うことが大事です。汗をかくような有酸素運動をすることが、痩せる効果が得られるようになります。

とくに女性の場合は筋肉をつけすぎると女性らしい体型を保つことができませんので、あまりおすすめできません。ただ痩せるのではなく、すっきりとしたスリムなボディになりたいならば、有酸素運動で脂肪を燃焼させることです。有酸素運動による脂肪の燃焼は運動開始から15分後ぐらいから始まります。大体30分から1時間の有酸素運動を継続して行うことで、痩せる効果がアップします。1時間くらい続けることができるような運動強度の軽い有酸素運動をしてみてください。手軽にできそうな有酸素運動を継続して毎日行えば、美容や健康によく痩せることが可能になります。

slim lady image
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。