uv layers image

紫外線 をカットした方が良い理由

UV care image

紫外線 を長時間浴びると皮膚によくないと言われて、紫外線カット用品が注目されていますが、なぜ紫外線は害になるのでしょう。紫外線にはいくつかの種類があります。紫外線には、昔から地表に来てたものと以前は届いていなかった種類の紫外線も存在します。紫外線の他に、有害だとされる紫外線があり紫外線は肌を守るためにカットした方が良いとさかんに言われている紫外線になります。

身体的に悪影響がある紫外線は、昔は、多くの場合はまず受けることがなかったと言われているようです。近年問題になっているのは、オゾン層が破壊され、オゾンホールが増加してきているという事実です。オゾン層の破壊が進んでいることは、多くの人が心配している環境の問題の一つといえます。オゾン層がカットしてくれていた有害な紫外線が地上にまで届くようになってしまいました。

生物が紫外線の光を長い間浴び続けると健康を阻害する様々な作用があらわれてきます。有害な紫外線には生物の遺伝子やDNAを破壊する力があるそうです。壊れたDNAが少なければ体は元どおりの状態にまで戻りますが、破壊された量が多いと壊れたまま再生産されるようになります。白内障、皮膚がん、免疫力の低下などは紫外線が要因の1つに数えられています。紫外線を浴びないように、できるだけカットした方がいいでしょう。

紫外線 を防止するための対策が必要な理由

肌を紫外線から守る必要性が高いのは、年間通じていつ頃でしょうか。特に紫外線の対策が必要なのは、5月から9月くらいと一般的に言われていますが、冬の少ない時期に比べると紫外線量は4月からすでに増え始めています。

ちょっとでも紫外線を浴びると肌の調子が悪くなる人もいますので、程度に合わせた対応が必要です。どのような紫外線対策をすべき考える時には、紫外線がそのまま皮膚に到達するとどうなるかを知っておくことが大事です。近年では、紫外線による皮膚の日焼けは、肌とってよくないものであるという価値観が広がっています。強い紫外線を照射されると人間の皮膚はメラニン色素が生成されて肌が黒くなります。これによって、紫外線が皮膚を透過しづらくしているのです。

日焼け止めグッズが盛んに売り出されているのは、外見のためだけでなく、日焼けを食い止め肌の健康を保つためです。知られているところでは、皮膚がんの発症率をあげるということがあげられます。少しくらいの負担なら、何日かすると徐々に以前の状態に戻りますので、多少ならばダメージを受けても問題ありません。

しかし、一度に強烈な紫外線を浴びていると肌が治る前に次のダメージを負うことになってしまうので、皮膚がんなどの原因になってしまいます。紫外線を浴びすぎないように日頃から気をつけることが、皮膚がん予防にもなります。日焼けなどで肌を傷めないように、強い紫外線からは肌をガードする習慣をつけたいものです。

紫外線対策は体の中からでも出来る

uv layer image

紫外線対策は体の内側からも可能です。体の内と外の両側面からケアをすることが有効な方法となります。紫外線対策の方法として、体の表面からと体の内面から行う方法があります。

紫外線への抵抗力を高めるには、食事などを通してビタミンEやC、βカロチン、リコピンを摂取しましょう。紫外線を浴びないためのグッズには様々なものがあります。帽子、手袋、日傘、サングラスなどです。紫外線の影響で増えるメラニン色素を作りにくくいることで、紫外線対策になります。

ビタミンEを多く含む食材には、アスパラやかぼちゃのほか、アーモンドやピーナッツといったナッツ類があります。このほか、鰯や秋刀魚、鱈の子、筋子、イカなどの魚介類からもビタミンEは摂取できます。新しい皮膚が古い皮膚と入れ替わるよう、代謝を促進します。

ビタミンを含む野菜はβカロチンも多いようです。にらやトマト、にんじんなども要チェックです。紫外線の肌への影響をストップさせるという形で紫外線対策になります。リコピンは、肉や野菜、玉子や大豆などのたんぱく質に多く含まれています。肌は紫外線の光を受けるとメラニン色素を作り出す性質がありますが、リコピンで活性酸素を減らしておくことでメラニンを抑制します。健康のために必要な栄養は様々なものがありますが、不足分はサプリメントで補うという方法もあります。偏らずに食事をしていれば、紫外線対策としては問題ありません。

uv layers image
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。