skin elasticity image
skin elasticity image

お肌に関する悩みとして様々なものがありますが、中でも 頬のたるみ は多くの女性が悩んでいることです。自分の皮膚がたるんでいる要因を理解することが、頬のたるみ解消には有効です。人間誰しも、年をとれば皮膚はたるみやすくなりますが、他にも考えられる事情は存在しているものです。誤ったスキンケアや食事の内容、喫煙や飲酒、強い紫外線の照射なども肌の老化を促します。まずは頬のたるみの原因となっていることを改善することからはじめる必要があります。

頬のたるみの原因

年を重ねるにつれて、頬のたるみが気にかかるようになったという人がいます。どういった要因で、頬のたるみが目立つようになるのでしょう。人の頬は年を取ると重力に引かれてたるんできますが、これがひどくなると年をとって見えます。顔を鏡に映して、観察してみましょう。目の下や鼻の横の毛穴が大きく見えているようなら、気をつけてください。手のひらで頬を持ちあげた時に毛穴が小さくなるようなら、たるみの証拠です。

頬のたるみ の改善にはコラーゲンが大切

たるみができる背景には、肌の張りが失われていことがあるようです。お肌の弾力に貢献していたコラーゲンは、紫外線の影響で壊れやすく、そのため肌がたるんだりします。お肌の弾力に関係するコラーゲンを守るためには、肌のターンオーバーやバリア機能が関係していますので、お肌の乾燥を防ぐための徹底的な保湿が必要であり、自分に合った正しいスキンケアを行うことが大切なのです。また、今この時は紫外線の作用はそれほどではないように感じるかもしれませんが、後々のことを考えると紫外線対策は必須といえます。お肌を紫外線から守るには、少しの時間でも肌を紫外線にさらすことがないように、紫外線を遮る用意が必要です。

表情筋のストレッチも大切

そして、表情筋の状態も、肌のたるみと密接に関わっています。さまざまな表情をつくるために必要な表情筋は年齢によって弱くなります。手足の筋肉と同じように、普段から使わないでいると硬くなって機能が低下します。日々のちょっとした動作が、たるみに関係していることがあります。

たとえば、頬杖をつく動作は、ほおのたるみの原因になります。眉間にしわを寄せるくせや口もとをへの字に曲げる癖なども存在しているでしょう。口もとが下がっていると時間がたつにつれてほおのたるみは進行します。頬は、色々な理由でたるみが生じます。まずは日々の生活習慣を見直すことから、たるみ対策を講じましょう。

表情筋のトレーニングを行うことで、頬の筋肉を強化し、たるまないようする方法もあります。頬の筋肉を引き締める効果のあるあいうえお体操といった頬のストレッチがたるみ解消に効果的な運動です。一日二日で効果が得られるものではありませんので、根気よく頬のたるみケアを続けることで、だんだんと引き締め効果が実感できるようになります。

気になる目の下のたるみ対策方法について

eye skin image

目の下に出来てしまった気になるたるみを簡単ケアで解消する方法があります。目の下にたるみがあると年老いて見えますので、解消しておきたいものでしょう。疲れたなあと感じた時、目元をグリグリと押したり伸ばしたりしていませんか。それらは全て目の下のたるみを誘発するものですから、これからは決してしないようにしましょう。

目の下のたるみを解消する方法として気を付けたいのは、素人のマッサージは絶対にやめることです。誤ったマッサージのやり方をしていると皮膚がたるんでしわやたるみが目立つようになります。たるみの解消を自宅で簡単に行うのであれば、温浴と目元美容液が一番おススメできる方法です。

顔を洗ったら目元美容液をつけて、ラップなどで覆いをかけて皮膚を保湿します。温めたタオルを乗せて目元を温めると毛穴が開いて美容液の浸透がよくなり、目元の血行も改善されます。タオルが冷めてきたら、こんどは冷たいタオルで、肌をクールダウンする事も忘れないようにします。タオルの温冷効果で更に血流は巡り易くなり、毛穴をキュッと引き締めて美容液の成分を閉じ込める効果があります。最近、目の下にたるみが目立っていて、年老いて見えやすくなったという人には、タオルのケアがお勧めです。

コラーゲン合成に大切なビタミンC

ビタミンCは、私たちの体内でコラーゲンを作るために必要不可欠なビタミンです。しかし、私たちはビタミンCを体内で作り出すことができません。その為、毎日のスキンケアにはビタミンC配合のアイテムをご利用ください。コットンに含ませることで、目元コットンパックとしてもお使い頂けます。

cleansing image

ビィビュー クレンジングローション

3種類のビタミンC誘導体、リポソームセラミド、12種類の植物由来うるおい成分配合で、肌のうるおいを守りながら汚れを落すクレンジングローション。

1.即効型ビタミンC 
 アスコルビン酸(一般名称:ビタミンC)
2.保湿型ビタミンC 
 (アスコルビル/トコフェリル)リン酸K
3.浸透型ビタミンC 
 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(一般名称:APPS)

skin conditioner image

ビィビュー スキンコンディショナー

3種類のビタミンC誘導体、リポソームセラミド、スクワラン、15種類の植物由来うるおい成分配合で、素肌ケア、くずしがちな肌をすこやかに整え、肌荒れから守る保湿化粧水。

1.持続型ビタミンC 
 アスコルビルグルコシド(一般名称:AA2G)
2.保湿型ビタミンC 
 (アスコルビル/トコフェリル)リン酸K
3.浸透型ビタミンC 
 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(一般名称:APPS)

しわやたるみは加齢だけが原因ではない

皮膚にしわが刻まれたり、たるみが目立つようになるのは年齢が主な要因になっていると考えているような人もいます。若いうちから日々のスキンケアをきちんと行っておくことによって、将来的なしみやたるみ対策になります。たるみやしわの原因には、ストレスの蓄積や肌に合わないスキンケア、紫外線による皮膚への負担や肌の水分不足も関わっているものです。年齢を重ねることは誰にでも平等ですが、それ以外の肌へのお手入れは、しっかりやっておいたかどうかが重要になります。

しわやたるみにはそれぞれタイプがあるので、状況に適した対策方法を取ることで、より高い効果が得られます。お肌の水分不足が原因で、皮膚のハリがなくなって自重でしわができるようになったり、表情の癖が眉間や目元のしわになったり、皮膚の薄い部分にちりめんじわができたりします。表情筋の動きでできるしわは、スキンケアを特に念入りにしましょう。小じわは、乾燥予防をすることで、弾力を取り戻します。保湿効果があるヒアルロン酸や肌の弾力を維持するコラーゲンなどは、年を共に少なくなりますが、ストレスや紫外線の影響も受ける成分です。たるみができる理由はしわと似ていますが、表情筋トレーニングで解消可能なたるみもあります。角質層は、一旦老化すると再生が困難です。

若いうちは十分にあった水分も、年と共に減少するようになると自重でへと引かれてたるみやすくなります。張りや潤いに満ちているはずの若い肌がたるむのは、しわと同じように紫外線やストレスのせいで角質層が傷つくからです。お肌のしわやたるみをできるだけつくらないためには、紫外線から肌を守ることや規則正しい生活を送ることが重要です。

skin elasticity image
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。