skin image
skin image

2021年の 梅雨入りは、5月5日に、沖縄地方・奄美地方で梅雨入りしたとみられると気象台は発表し、次々に九州・中国・四国地方も 梅雨入りの発表がありました。今年は、平年よりも各地で早い 梅雨入りとなっているようです。この時期は、爽やかな春の温暖な気候から、高温多湿への季節の変わり目で、肌のべたつきやテカリ、そして、肌のコンディションを崩しがちで、乾燥肌で悩む女性も多い時期です。

梅雨時期の乾燥肌 は、肌も不安定な状態だから。

ジメジメとした梅雨の時期は、毎日がどんよりと曇りがちで、体も気分もすぐれないもの。そして、湿気や気温の変化で、肌も不安定な状態になり、様々な肌トラブルに悩む女性も多い時期です。その為、この 梅雨時期の乾燥肌 で気を付けたいのは、やはり、クレンジングです。

梅雨の時期は、暑さから皮脂分泌が多くなり、「ベタつき」「毛穴の開き」「ニキビ」「化粧崩れ」などの悩みが発生しやすくなります。そして、紫外線が強くなり、メラニンが過剰に生成され、「日焼け、シミ・そばかす」が気になったり、また、室内ではエアコンを使う機会が増えるため、肌表面の保湿機能が低下し、「乾燥」が気になる時期でもあります。その為、梅雨時期の乾燥肌 は、肌のコンディションを崩している時に起こりやすいので、強いクレンジング力のクレンジング剤・洗顔料は避けてください。

梅雨時期の乾燥肌 には、肌への負担が少ないクレンジングローション

smile image

肌のコンディションが崩れている 梅雨時期の乾燥肌 で気を付けたいのはクレンジングです。クレンジング剤には色々な種類がありますが、特にクレンジングローションは、肌の刺激がマイルドであることが利点です。クレンジングローションと言えば、オイルフリーの水クレンジングを思い浮かべる方も多いと思いますが、クレンジング力も弱く、また、油性のメイクを落とす為の水溶性界面活性剤が多く含まれているため、おすすめは、バイコンティニュアス処方クレンジングローションです。特殊な乳化技術によるローションタイプのクレンジングで、メイク落としから化粧水・乳液の役割をこの1本で出来ますので、時短にもつながります。

一般的に、乳化をしているローションと言えば、白いミルク色の乳液を思い浮かべる方が多いと思いますが、特殊な乳化技術(バイコンティニュアス処方)により、透明なクレンジングローションで、肌が乾燥しやすく荒れやすい人にとっても、安心して使うことができます。

水クレンジングローションは、洗浄力が弱いからしっかり落ちないというイメージになりがちですが、水クレンジングとオイルクレンジングの両方の利点を持つことで、肌へのダメージが少なく、保湿ケアをしながら汚れのみを除去してくれるという特性が、バイコンティニュアス処方クレンジングローションにはあります。お肌が分泌している油分までクレンジング剤で分解してしまうと肌の乾燥の原因になります。

マイルドなクレンジング力のバイコンティニュアス処方クレンジングローションの場合、濃いメイクになりがちなアイメイク、マスカラ、アイラインなどは、洗いきれないことがあります。頬や目元など、特にくっきりとしたメイクをした場合、バイコンティニュアス処方クレンジングローションでは洗浄力が足りないこともあります。無理せずにアイメイクリムーバーなどの別のクレンジングを使って、部分的にメイク落としをした方が得策です。バイコンティニュアス処方クレンジングローションでの顔のお手入れは、日頃メイクはそれほど濃くなく、化粧落としは毎日したいけど、肌が乾燥や刺激に弱くて、洗浄力の強すぎるクレンジング剤が使えない人におすすめです。

バイコンティニュアス処方クレンジングローションの特徴は、肌のダメージを最小限にしながらのクレンジングだからです。

乾燥肌 におすすめのスキンケア成分と肌に優しいスキンケア方法

skincare image

保湿成分が配合された基礎化粧品でのスキンケアが乾燥対策には効果的ですが、重要な成分にセラミドがあります。皮膚の保湿力を高める作用がある美容成分は色々なものがありますが、乾燥肌改善にはセラミドが有効です。肌のバリア機能は、細胞間と細胞の間に存在するセラミド(天然保湿因子)成分によって維持されています。バリア機能には肌の水分を守る働きがありますが、梅雨時期の乾燥肌 は、肌のコンディションが崩れていて、そのバリア機能が低下することでさらに乾燥肌が進行をします。

セラミドにはいくつか種類がありますが、スキンケアにはヒト型セラミドがおススメです。ヒト型セラミドは、人の肌に存在するセラミドと構造が似ていて、高い浸透力と保湿力があります。

また、手のひらで顔を軽くこするだけでも、お肌にとっては負担になりますので、乾燥肌にならないようにするには、顔の肌をこすらないようにします。肌のお手入れをする時は、皮膚と手との間で摩擦が生じないように優しく扱うようにしましょう。そして、肌に優しいクレンジング剤を選んだり、セラミド配合のスキンケアを使用したり、毎日のスキンケアの方法を少し気を付けるだけでも、乾燥肌の対策になります。

skin image
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。