クレンジングで毛穴を綺麗&小さく!おすすめの方法

クレンジングで毛穴を綺麗&小さく!おすすめの方法

クレンジングで毛穴を綺麗&小さく!おすすめの方法

多くの女性が気になる毛穴。遠くからでも目立ちますし、クレーター上に広がることもあれば、放っておくと黒いぽつぽつができて不衛生の事態に。今回は毛穴の原因を紹介するとともに、根本となる原因をクレンジングで改善するおすすめの方法をご紹介します。

毛穴が目立つ原因とは

毛穴が目立つ原因とは

毛穴が目立ってしまう原因は幾つか考えることができます。例えば元からの体質であることも原因の一つ。元々毛穴が大きい人はいますね。それ以外では、脂性肌でも毛穴は目立ってしまいますし、逆に乾燥肌でも同様です。脂性肌の場合は毛穴に角栓ができてしまい、それが酸化して黒ずみが発生することもあります。そうなると遠目からでも毛穴の大きさが目立ってしまいますし、何より不衛生ですよね。

一方で乾燥肌でも毛穴が大きくなってしまいます。肌が乾燥するとキメが荒くなり肌が傷つきます。すると肌表面が硬化をはじめ、皮膚が毛穴が開いた状態で固まってしまいます。これも毛穴が目立つ原因の1つです。

毛穴パックや角栓とりは絶対に使ってはいけない

毛穴パックや角栓とりは絶対に使ってはいけない

毛穴シートや角栓とりのツールを使うのは、基本的におすすめすることはできません。いずれも肌を著しく傷つけることになります。毛穴が広がり、目立ち、角栓が詰まっている人というのは、何かしらの肌トラブルを抱えています。そのため、さらに肌を傷つけるのは逆効果。これらを使えば、角栓は一時的にとることができますが、長い目で見ると、毛穴がさらに広がる可能性が懸念されますし、根本的な解決には程遠い対処法と言えます。

毛穴を目立たなくするためにクレンジングがおすすめできる根拠

毛穴を目立たなくするためにクレンジングがおすすめできる根拠

毛穴を目立たなくさせるためには、クレンジングの正しい利用法を学び、また、毛穴におすすめできる最適なクレンジング製品を選ぶことが重要となります。

クレンジングがおすすめの理由は毛穴の洗浄にあり

肌表面の汚れは石鹸や洗顔料といった界面活性剤で落とすことができますが、毛穴に詰まった角栓や毛穴の奥に溜まった汚れ、細菌を洗浄することはできません。毛穴奥の小さな汚れや細菌を落とすためには、美容科学の先端技術が詰まったクレンジングによる洗浄がおすすめであり必須となります。しかし、どのクレンジングでもいい、というわけではありません。

毛穴を小さくするおすすめのクレンジング製品はどんなもの?

毛穴を小さくするおすすめのクレンジング製品はどんなもの?

まず知っておいてほしいのは、「毛穴を小さくする=毛穴を目立たせなくする」こととなります。また、毛穴が広がっているのは乾燥肌や脂性肌によって毛穴の中が慢性的な不衛生となっていることが主な原因となるので、おすすめのクレンジングは下記のような製品となります。

  • 化学成分不使用
  • オイルフリー
  • ビタミンC誘導体配合

最低でも上記3つはクレンジング製品を選ぶ際の重要な指標としてください。昨今はオイルフリーのクレンジングが多くなってきましたね。オイルフリーとは、石油系や油系成分を使っていないものを指します。乳液やとろっとしたテクスチャは油分が含まれていますのでオイルフリーではありません。油分が含まれていると洗浄力が上がると考えられますが、毛穴に対しては不利に働き、クレンジングの油分成分が毛穴奥で固まってしまい、それが皮脂となって毛穴を広げてしまうことになります。そのため、オイルフリー、つまりローションタイプのクレンジングがおすすめとなります。

クレンジングは手の平で使うと毛穴洗浄の効果半減。必ずコットンで

クレンジングは手の平で使うと毛穴洗浄の効果半減。必ずコットンで

上記のように、毛穴を目立たせなくするためのクレンジングはローションタイプがおすすめです。しかし、ここで注意点が一つ。ローションタイプのクレンジングは手の平に落とすのではなく、必ずコットンを使用することです。これは資生堂調べですが、手の平にスキンケア化粧品をのせた場合、美肌成分の半分が手の平に瞬時に吸収されることが研究から分かりました。そのため、ナノミクロの美肌成分と技術が詰まったクレンジングを使う場合は、必ずコットンを使用してください。

ビィビューコスメ クレンジングローション

日本発化粧品ブランドの「ビィビューコスメ」が発売するクレンジングローション。ダブル洗顔不要。濡れた手で使えるバイコンティニュアス技術が使われています。
>>詳細・購入はこちらをクリック

クレンジングで毛穴を綺麗&小さく!おすすめの方法
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。