review1.img

敏感肌の方が一番気をつけなければならないのが、クレンジング選び。洗浄力が強すぎると、肌荒れがしやすかったり、刺激を感じやすく、肌が敏感になり吹き出物ができたり・・と何かと悩みはつきないもの。 クレンジングにはオイルクレンジング、ジェルクレンジング、ミルククレンジング、リキッドクレンジングなど様々な展開がありますが、今回はリキッドタイプの『ビィビュー クレンジングローション』をお試ししてみました!

『ビィビュー クレンジングローション』商品特徴は?

review.pic

うるおいを守りながら汚れを落とすリキッドタイプのクレンジングです。 水クレンジングとオイルクレンジングの良いところだけを取り入れた新感覚バイコンティニュアスクレンジングなので、肌への負担が少なく、クレンジング力にも定評がある商品です。

『ビィビュー クレンジングローション』使用方法は?

コットンにたっぷりとリキッドを馴染ませ、アイメイクやファンデーションと馴染ませた後、くるくるとコットンを滑らせながら優しく拭き取ります。 拭き取り後は乾燥を感じることなく、しっとり感のある仕上がりになります。

拭き取り後はそのまま洗い流さずにスキンケアの次のステップに進めますが、気になる方はお好みでW洗顔をしてください。

『ビィビュー クレンジングローション』テクスチャーは?

reveiw2.img

さらっとした化粧水のように、とても軽いテクスチャーで、ほんのり上品なアロマの香りです。

「素肌由来」の敏感肌スキンケアブランドの「ビオデルマ」と似たようなとても軽いテクスチャーなので、肌への刺激がなく、ストレスを感じることなく使えます。

こういったとても軽いテクスチャーは肌タイプを問わずに使え、メイクとも馴染みがよいので使いやすいです。さらに、スルスルとメイク落ちが可能なので、摩擦を軽減しながらクレンジングできる点も良いですね。

『ビィビュー クレンジングローション』うるおい成分は?

主な保湿成分はリポソームセラミド、ヒアルロン酸、ハチミツです。

さらに、植物由来のうるおい成分がたっぷり配合されており、無添加処方(防腐剤フリー、石油系界面活性剤フリー、アルコールフリー、無着色、紫外線吸収剤、ポリマー系フリー、カルボマーフリー、コポリマーフリー)なので肌が敏感な時季にも安心して使えます。

『ビィビュー クレンジングローション』クレンジング力は?

まずは手元でお試し

review3.img

▲手元にリキッドをつけた後

手元でまずはお試ししてみましょう。

化粧水でクレンジングをしているかのように刺激がなく、ややしっとりとした保湿力も感じます。

しっかりとクレンジング効果があるので、毛穴だけでなく、皮脂ケアにも効果を感じます。

さらに、濡れた手でも使用可能なので浴室でも使え、時短にもなり使い勝手が良いです。

アイメイク

review4.img

▲アイメイクを拭き取り後(フィルムマスカラ使用)

しっかりメイクのようにまつ毛の生え際はペンシルアイライナー、目尻はリキッドアイライナーでラインを引いてみましたが、どちらも摩擦ストレスを感じることなく、スルリとしっかりと落ちます。

フィルムマスカラもよく馴染ませると落ちますが、やや残りが気になります。ウォータープルーフマスカラは落ちにくさを感じました。

review5.img

▲上:フィルムマスカラ 下:ウォータープルーフマスカラ

手元で試した際は一拭きでしっかりと落ちました。

肌への負担軽減を最大限に生かしている商品なので、しっかりアイメイクをした日の使用としては、クレンジング力に少し物足りなさを感じるかもしれません。

特にたっぷり塗ったマスカラのクレンジング用途としては、やや不向きです。

ただ、ナチュラルメイクやベースメイクのみの軽いメイクの方にとっては全体的に問題なく、とても使いやすいです。

ファンデーション

review6.img

▲リキッドファンデーション

一拭きでしっかりと落ちました。

パウターファンデーション、リキッドファンデーション、ともにメイク馴染みがよく、全体的にしっかりとクレンジング力を感じました!

ただ洗浄力が強いクレンジングの普段使いに慣れている方にとっては、小鼻周りや毛穴の奥に詰まった汚れのクレンジングとしては、やや物足りなさを感じるかもしれません。 気になる方は週1〜2回程度の頻度で、部分的にオイルクレンジングと併用して、角栓ケアを行うと良いでしょう。

ふきとり化粧水としての使用感は?

ふきとり化粧水としても使用可能なので、翌朝の洗顔代わりにささっと拭き取る用途としてもおすすめです。

さっぱりした使用感なので肌がベタつくことなく、メイク前の使用にも最適です。

また、メイクをしていな日も汚れは毛穴に溜まるので、入浴前にコットンを使い軽く拭き取り、毛穴、皮脂、角栓ケアとしてお使いいただく用途としてもおすすめです。 一手間ケアを加えてあげることで、肌が見違えるようにきれいになるので、ぜひお試しください。

『ビィビュー クレンジングローション』まとめ

肌への刺激がないうえに、こちらの1本でクレンジング、洗顔、保湿ケアができるオールインワンタイプの商品なのでとても使い勝手が良いです!

定評があるように安心のクレンジング力なので、肌タイプを問わずに使える点も良いですね。

マスク生活が続き、日中のメイクがミニマムになった方や日焼け止めクリームのみで生活されている学生の方なども多いので、そういった方にもおすすめのクレンジングです。

このご時世でメイクがミニマムになったものの、クレンジングは変えずに、強い洗浄力のあるアイテムを使い続けている方が多いのではないでしょうか。

肌トラブルを避けるためにも、メイクによりクレンジングを見直して、『ビィビュー クレンジングローション』を取り入れてみてはいかがでしょうか。

さらに、疲れ切ってしまった日の帰宅後やクレンジングが面倒な日も重宝しますので、ひとり1本常備しておくといいでしょう!

review1.img
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。