拭き取り化粧水は洗顔代わりにも使える?

拭き取り化粧水は洗顔代わりにも使える?

拭き取り化粧水は洗顔代わりにも使える?

拭き取り化粧水を使っている女子はここ最近多くなってきましたが、中には「拭き取り化粧水を洗顔代わりに使っている」と、朝の洗顔をしないで拭き取り化粧水で済ませている人もいるようです。そこで、今回は拭き取り化粧水を洗顔の代わりに使えるかどうかを科学的に検証してみたいと思います。

洗顔の代わりになる?拭き取り化粧水のそもそもの役割を知ろう

洗顔の代わりになる?拭き取り化粧水のそもそもの役割を知ろう

拭き取り化粧水が洗顔の代わりになるかどうかですが、その前に拭き取り化粧水のそもそもの役割を皆さんはご存知ですか。拭き取り化粧水は夜と朝に行うスキンケアで、一般的には洗顔後となります。拭き取り化粧水を化粧水や美容液の導入液代わりに使う人も多いですが、それだと化粧水を二度掛けすることになるので、むしろ肌表面に水分が溜まって、美容液の浸透率が低くなってしまう可能性があります。

拭き取り化粧水のそもそもの役割は、肌表面の小さな汚れ、ちり、埃などを取ることとなります。しかし、昨今は拭き取り化粧水にビタミンC誘導体が入っていたり、クレンジングを拭き取り化粧水の代わりにする人もいるように、単なる汚れ拭きだけではなく、拭き取り化粧水そのものに美容効果を求めるようになりました。

そのため、拭き取り化粧水を導入液として浸かっている人は、改めて自分の使っている商品の美肌成分を見直してみるといいでしょう。

洗顔の代わりにはならない?洗顔と拭き取り化粧水の大きな違い

洗顔の代わりにはならない?洗顔と拭き取り化粧水の大きな違い

では、拭き取り化粧水は洗顔の代わりになるのでしょうか。洗顔はそもそも肌に付着した汚れを洗い落とすためなので、単純に考えれば、拭き取り化粧水で使う化粧水もその役割を担うことができます。しかし、化粧水には毛穴に詰まった汚れを取り除く効果はありませんので、通常の化粧水を拭き取り化粧水として使う場合は、多少の時短にはなりますが、美肌効果はなかなか得られないかもしれません。

また、拭き取り化粧水のテクスチャーをしっとり系で使っている場合は、洗顔後のさっぱり感はありませんし、化粧水に含まれている油分が返って毛穴を詰まらせてしまうことも考えられます。

拭き取り化粧水を洗顔の代わりに使うなら、「さっぱり系・ローションタイプ」を使おう

拭き取り化粧水を洗顔の代わりに使うなら、「さっぱり系・ローションタイプ」を使おう

拭き取り化粧水を洗顔の代わりに使いたいのであれば、拭き取り化粧水のテクスチャーは必ず「さっぱり系やローションタイプ」を選ぶようにしましょう。さらさらした拭き取り化粧水であれば、洗顔と同様にさっぱり感を得られますし、脂性肌の人でも不快なく使うことができます。

洗顔の代わりに拭き取り化粧水。時短プラスアルファの効果を目指そう

洗顔の代わりに拭き取り化粧水を使う場合、多くの女性は朝の時短を期待しますね。もちろん時短も大事ではあるのですが、昨今は拭き取り化粧水単体で美肌効果を求めることができるようになりましたので、洗顔代わりだけのスペックではもったいない気がします。

洗顔代わりの拭き取り化粧水。どんな成分が欲しい?

洗顔の代わり以外に、拭き取り化粧水に求めたいのは「肌の保湿」と「肌の強化・ターンオーバーの促進」です。肌の保湿は拭き取り化粧水のメーカー独自技術を頼りに、肌の強化及びターンオーバーに関しては、ビタミンC誘導体など、美容液に含まれているような美肌成分が含有している拭き取り化粧水を選ぶといいでしょう。

拭き取り化粧水は洗顔の代わりも可能!ただし成分や浸透技術はしっかりと確認を

拭き取り化粧水は洗顔の代わりも可能!ただし成分や浸透技術はしっかりと確認を

拭き取り化粧水は洗顔の代わりとして使うことができることが分かりました。ただし、それだけだと、得られる効果は時短のみで、安物を使ってしまうと、そのあとに使う化粧水や美容液の通り(浸透)が悪くなってしまいます。そうならないためにも、拭き取り化粧水にも美肌効果や独自の浸透技術を求めるようにしましょう。

クレンジング兼拭き取り化粧水!おすすめはコレ!

ビィビューコスメ クレンジングローション

日本発化粧品ブランドの「ビィビューコスメ」が発売するクレンジングローション。ダブル洗顔不要。濡れた手で使えるバイコンティニュアス技術が使われています。
>>詳細・購入はこちらをクリック

拭き取り化粧水は洗顔代わりにも使える?
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。