washing

みなさんは、帰宅後、直ぐに洗顔をしていますか? それともお風呂のタイミングで洗顔をしていますか?
学校、部活、あるいは、外出後に帰宅をして、手洗いとうがいをする方は多いと思いますが、洗顔はついついお風呂のタイミングでいいやと後回しにしていませんか?

厚生労働省では、<「新しい生活様式」の実践例>として、家に帰ったら、まず、手や顔を洗う事を推奨しています。コロナ過で、学校生活、働き方、ライフスタイルも変化をし、自宅で過ごす時間が多くなりましたが、帰宅後すぐの洗顔を習慣づけるのは難しいですね。

そもそも、自分の部屋には洗面所がないから面倒だし、少しでも多く自分の時間が欲しいし、入浴時の時に洗顔をするし、宿題・予習もしないとだし、インスタチェックもしたいし・・・。また、一人暮らしの社会人の方でも、仕事疲れで、とりあえず、ベッドへ直行!あるいは、夕食の準備、音楽を聴いてリラックス、ダイエットのためのエクササイズ!

ウイルス感染予防の為に帰宅後の洗顔は大切です。そして、美肌の為にも。

洗顔は、1日2回、朝と夜に行う方が多いのではと思います。

朝の洗顔は、肌の汚れ、つまり自分が出した皮脂や夜につけたクリームなどのアブラ等を落とす為。
夜の洗顔は、日中時の肌の汚れ・汗、排気ガス、花粉や雑菌、そして、メイク落としの為。

洗顔を怠ってしまうと、毛穴に残りがちな皮脂、メイク汚れ、乾燥してしまったクリームなどが、毛穴に詰まり、「角栓」となり、毛穴を狭くし、そして、毛穴を詰まらせ、ニキビを始めとした肌トラブルの原因となります。また、役目を果たした角質が上手く剥がれず、ターンオーバーが乱れ、「バリア機能」が低下し、花粉や排気ガス、PM2.5等の外部刺激による炎症が起こりやすくなり、赤みがでたり、かゆみの原因ともなります。

日中、メイクや日焼け止めクリーム等を使っていない女性は…。

マスクによってウイルスの飛沫感染は防ぐ事が出来ますが、ふと触ったエレベーターのボタン、階段や電車の手すり等、気づかない内にウイルスに接触をしているかもしれないし、また、その手で、いつもの癖で髪を触ったり、整えたり、マスクを整える為に顔の肌を触ったりしているかもしれません。手にはアルコール除菌を使うのが日常となりましたが、肌荒れを起こす心配がある為、顔には、さすがにアルコール除菌は使いたくありません!そして、ウイルスだけではなく、日中の生活での汗、花粉、雑菌、そして、排気ガス等々、肌の汚れを落とす為にも、最低限、帰宅後は、水やぬるま湯だけでの洗顔は心がけたいですね。

日中、メイクや日焼け止めクリーム等を使っている女性は…。

紫外線から肌を守るためにも、外出時は、日焼け止めクリームや日焼け止めファンデーションを使うのは欠かせません。紫外線は、シミ、シワ、くすみ、毛穴の開きの原因となり、肌老化を引き起こす為、外出時は紫外線を防ぐ為に、日焼けクリームや日焼け止めファンデーションは必需品ですが、紫外線を防ぐ為に紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が配合されていて、刺激が少ないとされていますが、肌質に合わなければ炎症やトラブルを招くことが知られています。また、口紅を始めとしたメイクにも、体に悪いと懸念されているタール色素、酸化防止剤の目的のBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)等が配合をされているものもあります。ウイルス対策として、帰宅後は、水やぬるま湯での洗顔は心がけたいですが、出来ることならば、少しでも早く、日焼けクリーム、日焼け止めファンデーション、そして、メイクも落としたいですね。

毎日続けられる!自分に合った洗顔方法を見つけましょう!

ドラッグストアーやインターネットで洗顔料を探してみると、色々な種類の洗顔料がありますね。クリームタイプ、石鹸タイプ、パウダータイプ、泡タイプ、ジェルタイプ、スクラブ入りタイプ…。そして、乾燥肌用、敏感肌用、オイリー肌用、ニキビケア用、シワ用、保湿用…。

最近は、テレビ番組やインターネットで検索をしても、「必要以上に洗顔はしません。」と言っているタレントや美容家の方々もいらっしゃいますし、”ニキビを直すのにはニキビ用洗顔料”、”角質ケアにはピーリング洗顔料”、”毛穴ケアには毛穴用洗顔料”・・・日常で生活をしているといろいろな洗顔料があります。そして、どの洗顔料も素晴らしいですし、それぞれの洗顔料の特徴を説明していると思います。

そして、最近の洗顔料には、メイク落としの役割もあるクレンジング洗顔や洗顔フォームもあり、色々紹介をされています。

洗顔とクレンジングの違いは、洗顔は、古くなり、肌に必要のなくなった角層や余分な皮脂や汗、顔についたホコリなどを落とす為、クレンジングは、メイクなどの脂汚れや、毛穴につまった汚れである角栓、黒ずみなどを落とす為と水性の汚れには洗顔、油性の汚れにはクレンジングと紹介されていますが、どちらも素肌を清潔にする為に大切なスキンケアです。

でも、肌質、ライフスタイル、スキンケアの仕方によって、人それぞれですので、自分に合った洗顔・クレンジング方法を見つける事が大切です。

自分のライフスタイルに合った洗顔・クレンジング探し

スキンケアにかけられるお金、時間、ステップは人それぞれ違い、また、季節、湿度、年齢によっても肌質、美肌のために必要なケアも変わります。毎日同じようなライフスタイルでも、平日と週末で違ったり、また、天気、季節、ファッションによってメイクを変えたり、そして、スキンケアにかけられるお金も時間も、その時々で違います。

学校ではメイク禁止だから、日焼け止めとリップクリーム

でも…週末はメイクでお出かけ!
会社へはばっちりメイク
でも…週末はナチュラルメイクでカフェでリラックス!

今日は雨だからウォータープルーフファンデーションでお出かけ
でも…明日は、お気に入りのつや肌ファンデーションで彼氏とデート!
今日はノーメークで自宅でのんびり
でも…来週はゲレンデデビュー!!

洗顔料の使用は、最低でも1日1回、多くても2回

洗顔やクレンジングは、古くなり、肌に必要のなくなった角層や余分な皮脂や汗、顔についたホコリ、メイクなどの脂汚れや、毛穴につまった汚れである角栓、黒ずみなどを落とす為ですので、その為、洗顔・クレンジングの後には保湿ケアーが重要です。

洗顔やクレンジングの【徹底比較】の紹介では、①洗浄力 ②メイクの落としやすさ ③保湿キープ力 ④使用感等が紹介される代表的な項目ですが、同時に、【注意点】として、①ゴシゴシ洗いをしない ②脂質・うるおい成分を取りすぎないと肌への刺激を抑えるように紹介をされています。

洗顔料やクレンジング剤は、汚れを落とす為に界面活性剤が配合されていますので、界面活性剤の種類・配合量によって、その洗浄力やメイクのクレンジング力、そして、肌への刺激が影響をしています。

その為、洗顔料の使用は、1日に1回、多くても2回が推奨されています。そして、洗顔のしすぎはバリア機能の低下も懸念をされています。

クレンジングローションを活用しましょう!

洗顔やクレンジングは色々な商品が紹介されていますが、一度、ビィビュークレンジングローションをお試し下さい。

水がない環境でも、手間や時間もかけなく、コットンに含ませてふき取れば手軽にメイクも肌汚れも落とせる水クレンジングは手軽で人気ですが、界面活性剤に頼った水クレンジングが多く、洗顔料やクレンジング同様に、やはり、肌への負担を心配になる方は多いのではないでしょうか?

肌には「バリア機能」があり、バリア機能の低下が乾燥や炎症などの肌トラブルの原因の一つとなりますが、バリア機能とは、皮膚表面の油膜による皮膚膜で、皮膚にうるおいを与えるとともに、外部からの刺激物の侵入を防いでくれます。

ご存じの通り、水だけでは油膜にはじかれてしまうため、界面活性剤の力で油性のメイクや肌の汚れを清潔にします。水がない環境でも簡単にメイク落としができますが、洗顔料やクレンジング同様に、脂質やうるおい成分を取り除いてしまう為、メイク落とし後には保湿ケアは欠かせません。せっかく、水クレンジングでメイク落としをしても、保湿ケアを怠ってしまうと美肌には近づけません。

お金と時間に余裕があれば、色々と揃えたいけど、現実は難しい・・・。

毎日の肌環境に合わせて、メイクによって、天気によって、スキンケアに費やせる時間によって、色々なタイプの洗顔・クレンジング、そして、保湿力重視、ニキビケア用、シワ用、オイリー肌、化粧水、乳液、クリーム、そして、美容液、パックを揃えて、週一回は、エステで美肌ケア!!でも・・・美肌の為すべてを揃えて、使い分け、行うのは現実は無理です。

「ビィビュークレンジング ローション」は美容の最先端技術であるバイコンティニュアス処方を取り入れた画期的なクレンジングローションです。このローションに含まれる水分は油分によって不規則なレイヤー(層)を保つ状態により、油分がメイクや汚れに馴染んで洗浄しつつも水分・美容成分が肌に浸透するため、潤いを保ちます。

洗顔料・クレンジング後は肌の乾燥などを招いてしまいますが、このローションは、バリア機能には欠かせないセラミドを配合し、水分と油分のバランスにより、美肌に大切な脂質やうるおい成分を残したまま、肌を清潔にしてくれます。水クレンジングとオイルクレンジングのメリットを組み合わせたその美容効果は、一度試してみる価値があるのではないでしょうか。

水がないところで、テレビを見ながら、自分の部屋で、気になるときに、ビィビュークレンジングローションは、”古くなり、肌に必要のなくなった角層や余分な皮脂や汗、顔についたホコリ、メイクなどの脂汚れや、毛穴につまった汚れである角栓、黒ずみなどを落とす事ができますそして、保湿ケアーも。

また、水にもよくなじみますので、夜、シャワーやお風呂のタイミングですすぐだけで、うるおいを守りながら、皮膚表面の汚れおとしが、簡単に行えます。

washing
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。