拭き取り化粧水が数百円のプチプラでは駄目な理由

拭き取り化粧水が数百円のプチプラでは駄目な理由

拭き取り化粧水が数百円のプチプラでは駄目な理由

拭き取り化粧水を数百円のプチプラで済ませている人は、実は要注意。拭き取り化粧水の意味と効果を考えたとき、どうしてもプチプラ商品ではまかなうことができません。そこで、今回は拭き取り化粧水の効果的な使い方やプチプラが駄目な理由をご紹介します。

拭き取り化粧水は朝と夜求める効果が異なる

拭き取り化粧水は朝と夜求める効果が異なる

拭き取り化粧水は歴史自体は古いですが、中には「いままで一度も使ったことがない」、「気にしたことがない」という女性も多くいることでしょう。拭き取り化粧水の効果は、その名の通り、化粧をする前に化粧水で肌に付着したチリや埃、ゴミを拭きとるスキンケア方法を指します。

拭き取り化粧水は一般的に朝と夜に行いますが、いずれも拭き取り化粧水に求める効果が若干異なるので、しっかりと覚えておきましょう。

夜に行う拭き取り化粧水とは

夜に行う拭き取り化粧水は、クレンジングや洗顔後、入浴後に行うのが一般的です。就寝前に美容液やナイトクリームを付ける人は、その前段階で拭き取り化粧水を使うといいでしょう。

朝に行う拭き取り化粧水とは

朝に行う拭き取り化粧水は、就寝中に顔に付着した細菌や皮脂、毛穴の奥に溜まって取り除ききれなかった昨日の汚れを落とす役割があります。そのため、拭き取り化粧水は洗顔後に使うのがいいでしょう。ただし、テクスチャ次第では、洗顔不要で拭き取り化粧水のみの使用ができる時短タイプもあります。

拭き取り化粧水はプチプラを使ったらダメな理由

拭き取り化粧水はプチプラを使ったらダメな理由

拭き取り化粧水の製品を選ぶに当たって、「数百円のプチプラでも問題ない派」と「1000~2000円程度のしっかりとした化粧品/クレンジングを使うべき派」に分かれるようですが、答えは後者。数百円程度のプチプラの拭き取り化粧水では、目に見えない汚れや皮脂は落としきることができませんし、それに気づかず意味もなく使い続けてしまうことになります。

基本的に拭き取り化粧水はしっかりとメーカーの技術が詰まった品質のいい化粧水やクレンジングを肌にあてがうのがおすすめです。

プチプラの拭き取り化粧水を使ってもいいとき

プチプラの拭き取り化粧水を使ってもいいとき

一方でプチプラの拭き取り化粧水でも使っていい場面もあります。それは「ファンデーションや美容液をしていないとき」です。ファンデーションは油分が多く、また、長時間付けていてもメイク崩れしないよう開発されていますので、1回のクレンジングや洗顔ですべてを落としきれないことがほとんどです。

一方で美容液も同様。美肌成分が詰まっているとはいえ、成分の多くが油分であり、毛穴に詰まってしまいがち。プチプラの拭き取り化粧水では表面の汚れは落としても、毛穴に詰まった汚れは落とせませんね。

拭き取り化粧水にプチプラを使ってもいい人はこんな人!

拭き取り化粧水にプチプラを使ってもいい人は、上記のような「ファンデーションによるメイクをしない人」、「美容液や乳液など油分が含まれているスキンケアをしない人」が対象。つまりすっぴん派の人です。そのため、多くの女性はプチプラの拭き取り化粧水は敬遠することになると思います。

昨今はプチプラと拭き取り化粧水との技術差が大きい

昨今はプチプラと拭き取り化粧水との技術差が大きい

2000年代に入ると、美肌成分や基礎化粧品の研究は著しく進み、2000円程度で買える化粧水と数百円のプチプラの拭き取り化粧水との間では、製品に使われている技術に雲泥の差が出るようになりました。一般的に化粧品に対してプチプラという言葉を使う場合は、「安くて効果がある」という意味が多いですが、化粧品メーカーは一つの製品を作るために何億という研究開発資金を投入していますので、数百円で買える拭き取り化粧水には研究開発費がほとんどなく、どこかの会社のOEM生産であることがほとんどです。

プチプラの拭き取り化粧水を使って、とんでもないトラブルに発展することも

プチプラの拭き取り化粧水を使って、とんでもないトラブルに発展することも

アレルギー反応によるトラブル以外で、品質の悪いプチプラ拭き取り化粧水を使ってすぐに肌に影響を及ぼすことはありません。こういった場合は、往々にして半年後から1~2年程度の時間をかけながら、徐々に肌に影響を及ぼしてきます。その原因はプチプラの拭き取り化粧水であっても気づくことはなく、「年のせいかな」、「生活習慣の乱れかな」と間違った方向に進んでしまうと、本当に取り返しのつかないトラブルに見舞われることもあります。

そうならないためにも、最初から「安くて〇〇」といったプチプラではなく、しっかりとした技術と品質を謳う拭き取り化粧水を使うのがいいのではないでしょうか。

拭き取り化粧水が数百円のプチプラでは駄目な理由
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。