セラミドの化粧水が大人ニキビに効果大!
セラミドの化粧水が大人ニキビに効果大!

化粧品の中でも、昨今は化粧水でよく見かける「セラミド」の言葉。人由来の保湿を司る重要な成分となりますが、このセラミドが実は大人のニキビに効果が非常に高いことが分かっています。そこで、今回はセラミドが肌に及ぼす影響と大人ニキビが改善できる理由、及びおすすめ商品をご紹介します。

セラミドがある角質層とは

セラミドがある角質層とは

化粧水や化粧品について多少なりとも勉強すると、必ず出てくるのが「角質層」という言葉。角質層は肌の最も表面にある10~15に重なる層となり、角質細胞とセラミドが主な主成分となります。セラミドは細胞間の層の間に挟まっている水分を吸収して、細胞間のクッションの役割をする重要な細胞となります。

加齢とともにセラミドが減少。ニキビができる原因に

加齢とともにセラミドが減少。ニキビができる原因に

このセラミドは肌の水分・保湿を司る役割があることが分かります。赤ちゃんはセラミドがたっぷりのため、肌に触れるともっちりとしたぷにぷにの感触となりますよね。しかし、加齢とともにセラミドは減少をはじめ、具体的には20代半ばから既に減少の一途を辿ります。このころを「お肌の曲がり角」と表現することもありますが、美容科学的から見てもその通りということができます。

そして、このセラミドの減少が、間接的にニキビを作る原因となります。

セラミドが減少すると、大人のニキビができるわけ

セラミドが減少する20代半ばから後半以降は大人ニキビができやすく、また治りずらいと言われています。これにはきちんとした理由があるのですが、セラミドは水分を含むクッションの役割だけではなく、ちりやほこり、紫外線、細菌の付着と繁殖といった外部からの刺激を肌に侵入させない防御壁の役割もあります。

このセラミドが減少するということは、肌の防御壁が薄くなることとなるので、結果として肌に細菌が繁殖したり、紫外線が差し込んでニキビ、吹き出物、黒ずみといった原因を作ることとなります。

セラミドの減少によるニキビ発生。化粧水が必要な理由

セラミドの減少によるニキビ発生。化粧水が必要な理由

セラミドの減少によりニキビの発生は、セラミドの減少とそれによる肌の乾燥、及び防御壁の脆弱に原因があります。そのため、肌の角質層に水分を含むセラミドを再び満たすことができれば、セラミドが原因によるニキビは改善することができるはずです。

化粧水の選び方。セラミドを肌に満たして大人のニキビを撃退!

化粧水の選び方。セラミドを肌に満たして大人のニキビを撃退!

昨今の化粧水の中には、セラミドを含む化粧水もありますね。確かにセラミドを層と層の間に満たすことができれば、もとのもっちりとした肌を再生して悩んでいたニキビも改善することはできるのが論理となります。ただし、なかなかそううまくいかないのが、「化粧水に含まれるセラミドが肌奥へ入る前に破壊されてしまう」ということです。

上述したように、肌は幾重の層となっていて、防御壁によって外部刺激から守られています。セラミド含む化粧水成分も、そのほとんどが防御壁によって浸透していないのが現状のところ。

セラミドを肌奥に満たせる技術がある化粧水とは

セラミドを肌奥に満たせる技術がある化粧水とは

「セラミド配合化粧水」とよく見かけるセールス文句ですが、上記の理由からセラミドは肌本来の角質層を満たすことは困難です。そこで、昨今ではセラミドをカプセルに閉じ込めて、セラミドの破壊を防ぐ技術が開発されています。これは「リポソーム」と呼ばれる技術で、断面は玉ねぎ状をしています。

リポソームの技術を使えば、セラミドが肌表面で破壊されることなく肌奥へ侵入できるだけではなく、いつカプセルが溶けてセラミドが広がるかもコントロールすることができます。

セラミド化粧水を使ってニキビのない肌へ

セラミド化粧水を使ってニキビのない肌へ

「ビィビューコスメ」ブランドの販売するスキンコンディショナー(化粧水)は、バイオセラミドリポソームと呼ばれる独自技術を使われていて、上記で説明したリポソームをナノサイズまで小さくして化粧水に含有しています。

セラミドの減少によるニキビの発生であれば、改善に大きな期待をすることができます。

セラミドの化粧水が大人ニキビに効果大!
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。