ビタミンC誘導体とセラミドが両方含まれている化粧水はコレ!

ビタミンC誘導体とセラミドが両方含まれている化粧水はコレ!

ビタミンC誘導体とセラミドが両方含まれている化粧水はコレ!

化粧品の美肌成分として必須の「ビタミンC誘導体」と「(ヒト型)セラミド」。この両方の技術を謳う化粧水は実は少ないです。そこで、今回はビタミンC誘導体とセラミドの効果、及び両方の成分を含むおすすめの化粧水をご紹介します。

化粧水として一躍有名になった「ビタミンC誘導体」とは

化粧水として一躍有名になった「ビタミンC誘導体」とは

化粧水に含まれる美肌成分として1990年代から注目されるようになった「ビタミンC誘導体」。よく耳にする言葉でもありますが、実際、このビタミンC誘導体とはどういった成分なのでしょうか。

ビタミンCは肌や骨を若返らせる必須のビタミンとして古くから知られていましたが、そのビタミンCは身体の臓器のさまざまな部位で使われるため、美肌の形成にまで及ぶことはほとんどないと言われていました。そのため、直接ビタミンCを含む化粧水や美容液を肌に塗布するのが一番効果的なのですが、肝心のビタミンCは粒子が大きく壊れやすいため、肌の表面で破壊されて浸透しない問題がありました。

ビタミンC誘導体が化粧水の役割を引き立てる

そこで、研究の末、人工的にビタミンCを生成し、体内に溶けやすく、浸透しやすくしたものを開発することができました。それがビタミンC誘導体となります。水に溶けやすいため化粧水にも使われることが多く、これまで化粧水といえば美容液の導入液代わりでしかありませんでしたが、「化粧水で美肌を形成と維持」することができるようになり、化粧水としての地位が向上したきっかけにもなりました。

ちなみに、ビタミンC誘導体は1つの成分を指すわけではありません。現在もなおも化粧品メーカーは研究開発をしていて、よりビタミンCを多く含有し、壊れにくいビタミンC誘導体を作り続けています。

化粧水で求められる「セラミド」効果とは

化粧水で求められる「セラミド」効果とは

ドラッグストアや化粧品通販サイトなどでよく見かける「セラミド」の文字。比較的化粧水に多くセラミドが含まれていますね。セラミドとは、もともと人の角質層にある細胞を指します。角質層は20~30の層が重なって肌を形成しているのですが、層の隙間はセラミドで満たされています。セラミドは水分を吸収するスポンジのような役割があり、赤ちゃんや若い子の肌の弾力が強いのは、このセラミドが豊潤だから。一方で20代後半から徐々にセラミドの量は減少していき、50代になると半分にも減ってしまいます。

化粧水でセラミドを補給

化粧水でセラミドを補給

化粧水でセラミドを補給することはできるのですが、セラミドもビタミンC誘導体と同様に壊れやすいもので、セラミドが仮に肌の奥に入ることができてもうまく浸透しないのがこれまでの問題でした。しかし、セラミドを極小のカプセルに閉じ込め、角質層にたどり着いたら少しずつカプセルが溶けてセラミドが安定して浸透する技術が昨今開発されました。これは「リポソーム」と呼ばれる技術です。

ビタミンC誘導体とセラミドの両方がある化粧品(化粧水)は実はほとんどない?

ビタミンC誘導体とセラミドの両方がある化粧品(化粧水)は実はほとんどない?

ビタミンC誘導体とセラミドは両方とも美肌の形成にとって大変重要な役割があります。いずれも肌の若返り、シワの予防、色素沈着の改善、乾燥肌の改善などなど。しかし、このビタミンC誘導体とセラミドの両方を兼ね備えた化粧水を含めた化粧品は、実はそれほど多くはありません。

ビタミンC誘導体とセラミドの両方を兼ね備えた化粧水はコレ!

ビタミンC誘導体とセラミドの両方を兼ね備えた化粧品はコレ!

ビタミンC誘導体とセラミドの両方を含有した化粧水を探しているのであれば、こちらの「ビィビューコスメ・スキンコンディショナー」をおすすめしたいです。ビィビューコスメブランドは日系ブランドで、オールメイドインジャパン。中国をはじめアジア各国に展開している知る人ぞ知る化粧品ブランドといったところ。

そのビィビューコスメが販売しているスキンコンディショナーは、3種類のビタミンC誘導体とセラミドの両方を含んだ化粧水となります。また、セラミドは上記でご紹介したリポソーム技術を使っています。

ビィビューコスメの化粧水でビタミンC誘導体とセラミドの両方の効果を実感

ブランドで売っている大手化粧品や数百円で買えるドラッグストアの化粧水とは一線を画す、技術と含有成分で勝負した化粧水となります。ビタミンC誘導体とセラミドの両方が含まれている化粧水を探している方は、是非ビィビューコスメの化粧水を試してみてください。肌のハリと保湿を同時に実感することができるはずです。

ビタミンC誘導体とセラミドが両方含まれている化粧水はコレ!
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。