woman.img

医薬部外品って、どう?

病気になった時、病院に行って診療・治療を受けたり、または、病院に行くまでないかなぁって思ったときは、ドラッグストア等で販売されている市販薬を購入し、お薬を飲んだりしますね。そして、ニキビや美白目的のスキンケアと言えば、やっぱり、医薬部外品!効果を期待しますね!

3種類のスキンケア

ニキビケアや美白ケアをサポートするスキンケアには、医薬品・医薬部外品・化粧品の3種類があります。

でも、ついつい、医薬部外品 や薬用化粧品を選びませんか?

skincaregroup.img

ニキビって、皮膚疾患の一つで尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と言われ、色々な原因(ホルモンバランスや生活習慣等々)で、毛穴中心の皮脂分泌、アクネ菌等が関係をしていると言われています。

また、”美白”は、老人性色素班(別名:日光性色素班や日光性黒子)や肝斑等々、一般的には「シミ」と呼ばれる病態で、ニキビ同様に色々な原因(UV、ホルモンバランス、年齢等々)が考えられています。

ニキビ・シミでお悩みの方は、まずは、皮膚科等のお医者様に相談するのも選択の一つです。

日本特有の「医薬部外品」

医薬部外品 とは、薬機法(正式名称:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)によって定められた医薬品と化粧品の中間の製品です。

医薬部外品の”美白”には、「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ」と言う期待される効果で、あくまでも、予防目的となります。また、医薬部外品の”ニキビ”も、「ニキビを防ぐ。」為の予防目的です。

regulation.img

インターネットで検索すると、「薬用美白化粧品」や「薬用ニキビケア」等々沢山の商品があります。だけど、使ってみたけど、美白効果やニキビケアの効果が感じない時はありませんか?

医薬部外品の有効成分?

そんな時は、使っている医薬部外品化粧品の有効成分を見て下さい
医薬部外品の”美白”や”ニキビケア”の有効成分は、”メラニンの生成抑制”や”ニキビ予防”と予防目的で配合されていますが、実は、違う商品でも、同じ有効成分が配合されている事がほとんどです。

商品は違っても同じ有効成分では、予防効果は期待できませんね
病気で病院に行って、病気が治癒しなければ、お医者さんは処方した薬を辞め、違う有効成分の薬を処方してくれませんか?

ビタミンCは、美白に良いよね?

remon.img

美肌ケアに重要なビタミンC…美白、ニキビ跡、様々な肌トラブルには欠かせないです。しかし、ピュアなビタミンCは、水に溶かすと酸化がしやすい為、ビタミンC配合のクリームが黄色くなってしまう原因はビタミンCが関係しています。

黄色くなったクリームでは、ビタミンCの本来の効果は期待できません。その為、医薬部外品や化粧品には、酸化に対して強くしたビタミンC誘導体が使われています。

色々なビタミンC誘導体が化粧品・医薬部外品が使われていますが、同じ成分でも、化粧品と医薬部外品では名称が異なっていて、医薬部外品で美白効果(日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ)が認められているビタミンC誘導体は、実は、4種類だけです。

医薬部外品で”美白”で認められているビタミンC誘導体は、L-アスコルビン酸2-グルコシド(略称:AA2G)は2%リン酸L-アスコルビルナトリウム(略称:SAP)は3%リン酸L-アスコルビルマグネシウム(略称:MAP)は3%3-O-エチルアスコルビン酸(略称:ビタミンCエチル)は1%で、配合量まで決まっています。

VC.img

その他のビタミンC誘導体も美白効果はありますが、”美白”と言う表現は使えないですが、化粧品では配合制限がない為、美容クリニックやエステ等ではビタミンC誘導体の配合量が多かったりします。しかしながら、配合量が多いと黄色く褐変をしてしまったり、肌への刺激が強いのでご注意を下さい。

医薬部外品の有効成分って・・・同じ??

医薬部外品の有効成分は、医薬品同様に、厚生労働省で管理し、承認された有効成分、定めた効果が期待できる配合量でのみ承認され、配合されています。長期に渡り、配合される有効成分は、期待される有効性、安全性が担保されますが。。。承認された有効成分、承認された有効成分の組合せ、承認された配合量なので、同じ有効成分の医薬部外品の商品になってしまうのです。

新型コロナ対策として、厚生労働省はファイザー社(アメリカの医薬会社)製等のワクチンを特例承認により短期間での承認し、接種を許可しましたが、通常、医薬品として承認される為には、繰り返される有効性試験、安全性試験等で10年以上の歳月が必要です。このワクチンは、新型コロナウイルスの感染に対して「免疫」を作るワクチンです。

また、医薬部外品の有効成分も同様で、医薬品とは試験内容は違いますが、実は、”新規”有効成分が認められるのにも、長い年月が必要で、医薬部外品のニキビ、美白等の有効成分は、10年以上前に承認された有効成分が配合されています。

メーカー独自の有効成分によっては、長い研究・試験を重ねても、「肌がまばらに白くなった」等の問題を起こし、配合されなくなった”美白”有効成分や、不安定な成分で、褐変の問題を起こす為、配合されなくなった有効成分等もあります。ウイキペディアの情報ですと美白有効成分は20種類しかありません。

active?ingredient.img

熱が出た時、解熱剤や風邪薬を飲むと思いますが、有効成分であるイブプロフェンやアセトアミノフェンと言われる有効成分等が配合された薬を病院やドラッグストアの薬剤師さんには処方されたり、勧められますが、健康な状態の時、”予防”の為、飲み続けて下さいと勧めるお医者さん、薬剤師さんはいませんね。

ニキビ・シミでお悩みの方は、まずは、皮膚科等のお医者様に相談し、あるいは、有効成分の違う医薬部外品を選ぶのが良いですね。

大切なのは、健康な美肌作り!

大切なのは、ニキビやシミが出来にくいスキンケアを欠かさず行う事です。

食事では、健康の為、お肉やおさかな、そして、野菜等、健康を維持する為に必要な栄養成分を補給しますが、ニキビやシミが出来にくい健康な肌を作る為には、お肌の機能に「必要な美容成分補給」、そして、「保湿」「ターンオーバー・バリア機能の正常化」が大切です。

ビィビューコスメは、今の時代に合うスキンケアとして、肌本来の機能・バリア機能、そして、健やかな肌にする事に着目した簡単スキンケアです。


健康な身体ならば病気にならないように、スキントラブルにならないような健康な美肌作りをお勧めします。

スキンケアの重要な事は、(メイク等の)汚れ落とし、そして、肌本来の機能をサポートする保湿です。スキンケアでお悩みの時は、一度お試し下さい。


woman.img
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。