化粧水で肌荒れた人は要注意!原因の探り方&解決方法を紹介!

化粧水で肌荒れた人は要注意!原因の探り方&解決方法を紹介!

化粧水で肌荒れた人は要注意!原因の探り方&解決方法を紹介!

化粧水を使っていて肌荒れた場合は、使っている化粧水の成分が原因の可能性があります。使い続けていると肌荒れが進行しますので、原因を突き止めることが重要。今回は化粧水で肌荒れた場合の考えることと解決方法をご紹介します。

化粧品を使っていて肌荒れたら、まずは原因を探る

化粧品を使っていて肌荒れたら、まずは原因を探る

化粧水が肌荒れを引き起こすことは、頻繁にあります。元々皮膚はメラニンや皮脂、活性酸素など、外部の刺激から肌を守る細胞や物質が肌の内外にありますが、化粧品はそれに逆らって余計に保湿したり、有効成分を皮膚に染み込ませた理するのだから、当然人によってはアレルギー反応を起こし、肌荒れの原因にもなります。

肌荒れた場合の原因の調べ方は幾つかありますが、まず最初にやるべきことは化粧品のうちどれが肌荒れの原因となっているのかを突き止めてください。方法は簡単で、化粧水、美容液、保湿液などを使っているならば、1つずつ止めるだけ。化粧水を止めて数日程度で肌荒れが元に戻るようならば、化粧水が肌荒れの原因と理解することができます。

化粧水を皮膚科に持っていき、パッチテストをする

化粧水を皮膚科に持っていき、パッチテストをする

肌荒れた原因が化粧水にあるならば、当該化粧水を皮膚科に持っていき、医師に事情を伝えてパッチテストを受けさせてもらいましょう。できれば化粧水及び化粧品のパッチテストに慣れている病院に通うのがおすすめ。慣れている医師であれば、成分を見れば「もしかしてこの原料が肌荒れた原因かも」と目ぼしを付けることができます。化粧水といっても含有成分は数十ありますが、一回でできるパッチテストは数個なので、原因を最短で見つけるには医師の経験も重要となります。

高級化粧水でも肌荒れに遭う場合がある

高級化粧水でも肌荒れに遭う場合がある

ちなみに、化粧水によって肌荒れた場合、疑うのは化粧水の“品質”と思われがちですが、実は少し違います。確かに数百円程度の化粧水は低品質のアルコール成分が含まれていて、それが肌荒れの原因となることも多々ありますが、逆に5000円以上する高級ブランドの化粧水であってもアレルギー反応を起こす可能性は普通にあります。

アレルギーがある場合、その化粧水は絶対使えない?

アレルギーがある場合、その化粧水は絶対使えない?

「この化粧水は気に入っているから、できれば使い続けたい。皮膚科に行けばアレルギーを治してくれるかな?」と考える人もいます。その多くは化粧品をライン使いしている方です。美容液も保湿クリームも同じブランドを使っている場合、化粧水もできれば同じものを使いたいところです。しかし、残念ながらアレルギーが発見された場合は、その化粧水を使い続けることはできません。もしラインが崩れてしまうことが嫌ならば、美容液やそのほか化粧品も切り替える必要があります。

どんな化粧水ならば肌荒れなく安心して使える?

どんな化粧水ならば肌荒れなく安心して使える?

では、どんな化粧水ならば肌荒れなく安心して使えるのでしょうか。まずいえるのは、アレルギー反応を起こすのは、基本は化学成分となりますので、できるだけ植物由来成分が多く含まれている化粧水がおすすめできます。また、アルコール不使用、無着色、無香料も条件の1つ。

さらに、できれば化粧水はローションタイプがおすすめです。肌荒れを起こす原因の1つに皮脂の過剰分泌が挙げられます。化粧水の中でもとろっとした液体タイプの化粧水はオイル成分が含まれているので、毛穴が詰まりやすくなります。

まずは自分が今使っている化粧水を見直してみよう

まずは自分が今使っている化粧水を見直してみよう

今現在肌荒れを起こしていない場合も、一度いま使っている化粧水を見直してみることは、非常に有意義なはずです。化粧水を変えてみると、いままでの肌荒れや乾燥肌も嘘みたいに改善されたり、ファンデーション入らずのツヤを取り戻すこともあります。肌荒れ以外でも「最近肌が乾燥しがち」、「ニキビができやすくなったかも」という人も、もしかすると化粧水含む化粧品のアレルギー反応が原因の可能性もあります。そういった意味でも、一度自分が使っている化粧品を選びなおしてみてはいかがでしょうか。

化粧水で肌荒れた人は要注意!原因の探り方&解決方法を紹介!
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。