クレンジングのダブル洗顔は絶対に不要!今すぐやめて!
クレンジングのダブル洗顔は絶対に不要!今すぐやめて!

クレンジングと洗顔石鹸のダブル洗顔を毎日実践している人も多いようですね。「汚れをしっかりととるため」、「クレンジングだけだとさっぱりしないから」といった意見が見受けられます。しかし、今回紹介するのはダブル洗顔は絶対に不要!というもの。実は毎日の洗顔はクレンジングだけでもかまいません。

クレンジングとダブル洗顔を両方する人の心理

クレンジングとダブル洗顔を両方する人の心理

クレンジングと洗顔石鹸のダブル洗顔を毎日やっている人の多くは、「そっちの方が汚れが落ちると思うから」、「クレンジングだけだとさっぱりしないから」と考えているようです。また、お肌のことを勉強している人であれば、「クレンジングと洗顔石鹸は効果が違うから」という人もいるでしょう。

確かにクレンジングは本来毛穴の汚れを落とすことが目的で、洗顔石鹸は表面の汚れを落とすことが目的となり、求められる効果が異なることは本当のことです。しかし、もしかするとその考えは少し古いかもしれませんよ。

クレンジングとのダブル洗顔のメリットとデメリット

クレンジングとのダブル洗顔のメリットとデメリット

一概にクレンジングと洗顔料のダブル洗顔が悪いとは言えません。しかし、ダブル洗顔のメリットとデメリットを覚えておかなければ、返って肌に悪影響を及ぼすこともあります。

ダブル洗顔のメリット

まず、ダブル洗顔のメリットとしては、「頑固な汚れをしっかりと落とす」ことが挙げられます。安物のファンデーションは品質の悪い油成分を使っていますし、それらをしっかりと落とさないと、肌に毛穴が詰まる原因にもなります。また、目に見える汚れやスス、ほこりなども洗顔石鹸で簡単に落とすことができますね。

ダブル洗顔のデメリット

一方でダブル洗顔のデメリットは、「肌を洗浄しすぎて、肌バリアが失ってしまう」ことが挙げられます。例えば、多くの女子が敵とみなしている“皮脂”や“アクネ菌”ですが、この2つは本来は外部の刺激から肌を守るために分泌、繁殖されています。肌に悪影響を及ぼすのは、これらが過剰に増えてしまう場合に限ってです。

クレンジングとのダブル洗顔をする人は往々にして「洗いすぎ」による肌荒れリスクがある

クレンジングとのダブル洗顔をする人は往々にして「洗いすぎ」による肌荒れリスクがある

クレンジングと洗顔料のダブル洗顔を日ごろからしている人の多くは、ダブル洗顔の洗いすぎによる肌荒れを引き起こしています。肌荒れはニキビや吹き出物、肌のかさつき、毛穴の広がりの原因となります。多くの女性は「私乾燥肌だから」と体質のせいにしていますが、実は肌荒れはクレンジングと洗顔料によるダブル洗顔による肌の傷つきと乾燥が原因かもしれません。

クレンジングで毛穴の汚れや細菌を落とし、さらに洗顔料で肌表面のゴミと一緒に肌を守る脂分まで除去してしまうのがダブル洗顔の特徴です。肌にはたくさんの細菌や皮脂成分がありますが、それらは通常は肌を守るための大切な要素で、過剰に増えてしまうことで肌荒れを起こしてしまいます。そのため、必要量の細菌や皮脂まで根こそぎ落としてしまうダブル洗顔を長年やり続けていると、肌体質が徐々に乾燥肌に代わっていき、取返しのつかない事態に陥ってしまう可能性があります。

お風呂場のクレンジングのダブル洗顔の良し悪し

お風呂場のクレンジングのダブル洗顔の良し悪し

クレンジングと洗顔をお風呂場でする女性も多く見かけますね。仕事や遊びから疲れて帰ってきた後は、ゆっくりとクレンジングをしている時間が惜しいので、お風呂場で洗顔と一緒にやってしまいがちです。しかし、ご存知の方も多いかと思いますが、一般的にクレンジングの成分は水に溶けてしまうと効果が半減以下となってしまいますこれは水に溶け込むことによって水粒子が毛穴の奥底に到達するのを邪魔するためです。

一方で「じゃあ洗顔料も本当はお風呂場でやらないほうがいいの?」と考えがちですが、洗顔は肌表面の汚れをとるための化学成分を含んだものとなり、毛穴奥に到達して頑固な皮脂やメイクを落とすことは考えられていません。また、汚れを落とし、泡立ての効果がある石油系界面活性剤が多く含まれているため、ちょっとの水では効果は薄れません。言い換えればそれだけ洗浄作用が強く、肌に負担がかかっているということです。

クレンジングだけでダブル洗顔が不要の商品を選ぶ際の注意点

クレンジングだけでダブル洗顔が不要の商品を選ぶ際の注意点

しかし、クレンジングのすべてがお風呂場で使えないわけではありません。最新の特別な技術を使って、水に濡れてもクレンジング能力が失われずにメイクを落とすことができる製品もあります。ダブル洗顔不要のクレンジングを購入する場合は、毛穴奥の皮脂や細菌はもちろん、表面の汚れも落とす必要がありますし、また、水に多少濡れても効果を損なわないことが条件。それでなければ時短にはなりませんね。

そのため、クレンジングだけでスキンケアを済ませて、ダブル洗顔をやめたい場合は、上記の条件を満たすクレンジング製品を選ぶようにしましょう。

ダブル洗顔不要のクレンジングを選ぶポイント

ダブル洗顔不要のクレンジングを選ぶポイント

では、肝心のダブル洗顔不要のクレンジングを使いたい場合は、どのように商品を選べばいいのでしょうか。ダブル洗顔不要のクレンジング製品を選ぶポイントとしては、下記を参考にしてみてください。

  • ダブル洗顔不要を謳っているクレンジング
  • 数百円のクレンジングにはない最新の美容技術が使われている
  • 1000~2000円程度のちょっと高いクレンジング製品
  • 洗顔料を使わないため、クレンジングでさっぱり感を得られる

などを基準に選んでみてください。

さっぱりとしたローションタイプのクレンジングがおすすめ

ダブル洗顔不要のクレンジングを選ぶ場合、ジェルやクリームよりも、さっぱりとしたローションタイプの方が肌質感がよく、毎日使っていても気になりません。とろっとした乳液タイプでもいいのですが、もし時短を狙うならばローションが一層おすすめとなります。

ダブル洗顔不要のクレンジングで美肌のお秘訣。正しい使い方を

ダブル洗顔不要のクレンジングで美肌のお秘訣。正しい使い方を

ダブル洗顔不要のクレンジングで美肌を保ち、肌荒れから守りたい場合は、必ず正しいクレンジングの使い方を学ばなければなりません。例えば、クレンジングを使うときにコットンを使わない人は要注意です。手の平にクレンジング液を垂らしてしまうと、瞬く間に極小の美肌や洗浄成分は手の平に吸収されてしまい、効果は半減以下となってしまいます。

ダブル洗顔不要のクレンジングを使う場合は、コットンに少し多めの感覚でたっぷりと使うのがポイント。なぜなら、十分な量を使っていない場合、コットンと肌の間で摩擦が生まれてしまい、肌のキメを壊してしまうからです。これも毎日知らずにやりつづけていると、肌が再起不能なほど傷ついてしまいます。

ちょっと高いクレンジングはダブル洗顔不要!同じ効果が重複しないように

ちょっと高いクレンジングはダブル洗顔不要!同じ効果が重複しないように

もしかすると、ダブル洗顔をしている方は、最近のクレンジング技術を知らないのかもしれません。ドラックストアで売っているような数百円のクレンジング製品であれば、効果もそれほど見込めないので洗顔料と一緒にダブル洗顔するのもありかもしれません。しかし、1000円~2000円するような新製品となるクレンジングは、ダブル洗顔不要のものが多く出回っています。

また、そのような最先端のクレンジングは、往々にして洗顔料が不要なよう技術開発がされているので、もし洗顔石鹸とダブル洗顔してしまうと、同じ効果を2重に付与してしまうことになります。それは肌への刺激が強すぎて逆効果です。

ベストな洗顔はクレンジングと水洗いのみ!洗顔料は不要

ベストな洗顔はクレンジングと水洗いのみ!洗顔料は不要

ではベストな洗顔方法はなにかと考えたとき、おすすめは「クレンジングと水洗い」です。洗顔石鹸は朝も夜も不要です。ちょっと高い値段のダブル洗顔不要のクレンジングを使うことが条件ですが、洗顔料は界面活性剤が多く含まれているので、できるかぎり使わない方向がおすすめです。一方でクレンジングは毛穴の汚れと表面の汚れ両方を落とすことができるものがありますし、クレンジング後はお風呂で水洗いするだけで終わりです。もしかするとさっぱりとした感覚が少ないかもしれませんが、女子の繊細なお肌には、実はこれが一番いいスキンケアとなるのです。

ダブル洗顔不要のおすすめクレンジング「ビィビューコスメ」

上記でご紹介したダブル洗顔不要のクレンジングを探しにドラッグストアやスーパーへ行っても、なかなか見つからないのが残念なところ。なぜなら、上記技術は最新美容科学となりますので、数百円で安売りはされていなく、資生堂など高級ブランドが扱う高級製品となるからです。

一方で通販サイトで販路を拡大しているビィビューコスメは、中国をはじめアジアで展開している人気のブランド。高級化粧品に含まれる最新技術と美肌成分を含んで、値段は1000~2000円の間とリーズナブル。ダブル洗顔不要のクレンジングとしてだけではなく、最近話題の「拭き取り化粧水」としても使える注目のアイテムとなります。

ビィビューコスメ クレンジングローション

日本発化粧品ブランドの「ビィビューコスメ」が発売するクレンジングローション。ダブル洗顔不要。濡れた手で使えるバイコンティニュアス技術が使われています。
>>詳細・購入はこちらをクリック

クレンジングのダブル洗顔は絶対に不要!今すぐやめて!
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。