クレンジングの代用に乳液を使って取返しのつかない事態に!

クレンジングの代用に乳液を使って取返しのつかない事態に!

クレンジングの代用に乳液を使って取返しのつかない事態に!

女性の中には、クレンジングの代用に乳液を使ってメイクを落としている、という人もいるようです。確かにクレンジングのクリームタイプは乳液とテクスチャ-が非常に似ているので、「どっちつかっても同じじゃん」と思ってしまいがちです。しかし、クレンジングの代用に乳液を使い続けていると、取返しのつかない肌問題を抱えることになるかもしれません。

クレンジングの代用はできる?乳液の役割

クレンジングの代用はできる?乳液の役割

日本人は乾燥肌の肌質を持つ女性が多いため、乳液を使う人は大勢いますね。乳液には油分が含まれているため、保湿と同時にクレンジングのようにコットンに馴染ませて肌にこすれば、ある程度の汚れが浮き上がって肌の表面を洗浄することは多少なりともできます。

しかし、乳液の役割はあくまでも保湿。クレンジングとはそもそもの役割が違えば、開発過程も主成分も大分異なります。クレンジングの代用を担うことは到底かなわないことが分かります。

乳液をクレンジングの代用として使い続けているとどうなるの?

乳液をクレンジングの代用として使い続けているとどうなるの?

乳液をクレンジングの代用として使い続けていると、肌はどうなってしまうのでしょうか。そもそも、乳液は上述したように肌を保湿するのが主な目的ですが、その過程は、乳液特有の油成分が肌表面に膜を張り、表皮にある水分の蒸発を防ぐことができます。そのため、もともと脂性肌の方や、脂が浮きやすい真夏のシーズンでは、乳液は必要とないともいわれています。

しかし、この乳液をクレンジングの代用として使ってしまうと、どうなるのか。乳液を肌に使ったあとにシャワーで洗顔したとしても、油分は膜となって残ってしまいます。もともと乳液には毛穴奥にある汚れや皮脂を取り除く成分や技術は使われていませんので、毛穴にはまだアクネ菌の餌となる汚れがたくさん詰まっている状態。その上から乳液の油で肌に膜を作ってしまうので、当然アクネ菌は毛穴に住み着いて、餌を媒介にして増殖を始めます。しかし、乳液の膜のせいでアクネ菌は外に出られませんので、結果的に吹き出物やニキビといった肌荒れの問題を引き起こすことになるでしょう。

クレンジングの代用で乳液は不可。クレンジングの優れた効果を確認しよう

クレンジングの代用で乳液は不可。クレンジングの優れた効果を確認しよう

乳液は乾燥肌の人が付ける化粧品で、主に風にさらされる朝の外出時や、お風呂上りの肌水分が蒸発しやすいときに塗るのが本来の使い方です。一方でクレンジングは、毛穴の奥底にある目に見えない極小の汚れや皮脂を肌表面に浮かせて洗浄することができるように、非常に高度な美容技術が使われています。そのことからも、クレンジングの代用で乳液を使うことは、まず不可能であることが分かります。

クレンジングの代用に乳液を使い続けていると、一生治らない肌問題を抱えることも

クレンジングの代用に乳液を使い続けていると、一生治らない肌問題を抱えることも

クレンジングの代用に乳液を使い続けていると、場合によっては一生治らない傷を負うこともあります。上記ではニキビや吹き出物をご紹介しましたが、それ以外にも肌の衛生トラブルを招き、アトピー性皮膚炎が年を取ってから再発したり、いままで乾燥肌でも脂性肌でもなかった人が、突然脂性肌になってしまうこともあります。いずれも体質や免疫構造が変わってしまっているので、一度発症すると、元に戻すことは困難なケースが多いです。そのため、1度や2度ならまだしも、何週間、何か月もクレンジングの代用に乳液を使うのは絶対に避けるべきと言えます。

クレンジングはけちってはダメ

ドラックストアに行けば、数百円のクレンジングも目にしますが、本来クレンジングは毛穴奥深くに溜まっているゴミを洗浄しなければなりませんので、相当高度な技術が要求されます。少なくとも数百円で買える代物ではありません。化粧品に使える予算は人それぞれですが、クレンジングをけちってしまうと、肌の老朽速度が途端に早くなりますので、しっかりとした商品を見つけることをおすすめします。

参考URL
https://kamiogroup.jp/
https://www.fancl.co.jp/beauty/column/skincare/2.html

クレンジングの代用に乳液を使って取返しのつかない事態に!
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。