若いうちのほうれい線は化粧水で改善する!
若いうちのほうれい線は化粧水で改善する!

女性の肌の悩みの中でも1、2を争う「ほうれい線」。顔表面の真ん中中央、鼻の両脇から口端にかけて縦に深く伸びるため、シワの中でも最も目立つ老化の現象とされています。

しかし、ほうれい線は加齢によって頬がたれてできてしまうものだと思っていませんか?実は若いうちでもほうれい線はできることがあり、肌体質によっては10代のころからほうれい線が見えている人もいます。ほうれい線が20代の若いうちにすでにできはじめている方は、今のうちから改善していく必要があります。ほうれい線を改善するポイントは化粧水にあると言えるのですが、今回はほうれい線と化粧水の関連性についてご紹介します。

ほうれい線は若くてもできる!その原因とは?

ほうれい線は若くてもできる!その原因とは?

加齢によってできるイメージの強いほうれい線は、残念なことに若い人にもできることがあります。そもそもほうれい線のできる原因というと、乾燥や紫外線やストレスなどであり、これらはどの年代でも起こり得るものです。そして、これらの原因を積み重ねているうちにほうれい線となってしまいます。

加齢による筋肉の衰えでできてしまったほうれい線については改善するのも一苦労ですが、若いうちにできたものであれば、ケアすることで大幅な改善が見込まれます。もし若いうちからほうれい線ができて悩んでいる人は、今日からほうれい線のケアを始めましょう。

肌を保湿し、ハリを与えてくれる化粧水を選ぶ

肌を保湿し、ハリを与えてくれる化粧水を選ぶ

既にほうれい線ができている方は、多くの場合肌が乾燥していることが考えられます。そのため、まずは現在使用している化粧水の使用を止め、肌を保湿し、ハリや弾力を与える成分を持つものを選ぶべきといえます。化粧水も一昔前と比べると大分メーカーや商品によって含有成分や使われているテクノロジーが変わってきています。今使っている化粧水が肌に合わなく、うまく保湿成分が浸透していないことは十分に考えられます。

例えば、「セラミド」や「ヒアルロン酸」は保湿、「ビタミンC誘導体」「コラーゲン」はハリや弾力を与えてくれることが期待されていますから、このような美容成分を含む化粧水を選ぶと良いでしょう。

日頃のスキンケアや紫外線対策も見直してみよう

日頃のスキンケアや紫外線対策も見直してみよう

良い化粧水を使っているからといって、肌にその成分がきちんと浸透していなければ意味がありません。正しいスキンケアで肌のターンオーバーを正常に行えるようにしましょう。また、正しいスキンケアを行っていても、そもそも化粧水と自分の肌がマッチしていないことも考えられますので、しばらく使い続け、肌に異変があったり、まったく変化が感じられない場合は思い切って化粧水を変えるのも有効です。

紫外線対策クリームは怠りなく

また、紫外線と言えば夏に降り注ぐイメージがありますが、実際は冬も含めて一年中紫外線は降り注いでいますし、その量は年々強くなっているともいわれています。そのため、紫外線対策を怠ってしまうと肌がダメージを受けて、たるみやシミ、ほうれい線ができる直接の原因ともなります。どんな時でも紫外線対策をするようにしましょう。

UVカットクリームの使い方

UVカットクリームは紫外線を肌表面で散らしたり屈折させて内部への侵入を拒む役割があります。しかし、その効果が高いほど肌へのダメージが強く、UVカットクリームのせいで乾燥肌になってしまうことも考えられます。そうなると元も子もないので、適材適所で複数レベルのUVカットクリームを使い分けるといいでしょう。

若いうちでもほうれい線はできる。化粧水などのケアで改善が可能

若いうちでもほうれい線はできる。化粧水などのケアで改善が可能

ほうれい線は若いうちでもできますが、その場合の原因としては肌の乾燥であることが考えられます。保湿成分が豊富に配合された化粧水を用いて、肌を保湿することを心がけましょう。また、正しいスキンケアを行ったり、紫外線対策をしっかり行うことも大切ですよ。

【参考URL】
https://www.travelbook.co.jp/topic/61003#headline-index-1
https://laurier.excite.co.jp/i/E1592532050409
https://customlife-media.jp/nasolabial-fold-cosmetics#heading2
https://i-voce.jp/feed/9729

若いうちのほうれい線は化粧水で改善する!
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。