20代後半からは化粧水選びに要注意!その理由とおすすめの選び方

20代後半からは化粧水選びに要注意!その理由とおすすめの選び方

20代後半からは化粧水選びに要注意!その理由とおすすめの選び方

「20代後半がお肌の曲がり角」とはよく言われますが、実際25歳を過ぎてくると、いままで感じたことがない肌トラブルに悩まされる女性が多くいます。そのため20代後半にさしかかった女性の方は、これまで使っていた化粧水を改めて考え直してみることを強く推奨します。

20代後半の女性に危惧される仕事による生活環境の変化

20代後半の女性に危惧される仕事による生活環境の変化

20代後半になると、働き盛りの女性の中にはキャリアアップを求めて転職する人もいます。同じ職場内であっても役職が上がり、責任あるポジションを任されて部下を従える人も少なくないでしょう。このように20代後半になると、これまで経験したことがない責任感と重圧が背中にのしかかり、無言のストレスを日々蓄積することになります。「最近寝つきが悪くなった」、「肩こりが激しくなった」、「これまでなかった生理不順に悩んでいる」といった問題も20代後半からみられるようになります。

20代後半から劇的に生活が変化。初めての家事と育児に困惑

20代後半から劇的に生活が変化。初めての家事と育児に困惑

また、仕事を離れて結婚する女性も多くなってくるでしょう。厚生労働省が発表している人口動態統計によると、女性の初婚の平均年齢は29歳となっています。中には20代半ばで結婚する人も珍しくなくなってきていて、すでに妊娠出産を経て育児に大忙しという女性もいますね。これまで体験したことのない初めての家事と育児は、まだ若い盛りの女性にとってはストレスに感じることも多々あるでしょう。

こうした見えないストレスや環境の変化が肌ダメージとなって現れるのが20代後半という年齢の特徴となります。

いままでの化粧品は変えるべきかも。もう一度商品を見直そう

いままでの化粧品は変えるべきかも。もう一度商品を見直そう

日本人女性の多くは高校生のときから化粧品を使っていて、ファッション雑誌を見ても分かるように大変数多くの化粧品ブランドが紹介されています。しかし、20代後半になると、上記で紹介したようにこれまで経験したことのない肌トラブルに見舞われることになります。そうでなくとも20代後半から肌の水分量が減少し、肌のターンオーバーも遅れるようになるのです。

そこで、まず考えてほしいのが「いま使っている化粧品の見直し」です。特に化粧水に気を遣って製品選びをしている女性はあまり多くはない様子です。

化粧水の見直し方。おすすめの選び方

化粧水の見直し方。おすすめの選び方

なぜ化粧水の見直しが推奨されるのか。これまで化粧水に含まれるほとんどの成分が水分のため、「毛穴を広げるくらいの効果」しかないと思っている女性が大半でした。しかし、現在は美容科学が非常に発達していて、化粧水自体に驚くほどの美容成分や技術が含まれるようになりました。しかも、一般的に1万円前後するのも普通の美容液ですが、化粧水は2000円前後でその最新美容科学の詰まった製品を手に入れることができるのが大きな魅力。家計をやりくりする新米主婦にも手が出しやすいです。

ナノテクノロジーのイメージ

化粧水に含まれる美容成分で注目してほしいのは「保湿成分」と「ナノセラミド」です。保湿成分は潤いと香りを司るため、花など植物系美肌成分が普通。一方でナノセラミドは、肌を外部刺激から守るセラミドを科学技術でナノ化したものとなります。最新美容技術では、バイオセラミドリポソームというナノセラミドをカプセル化して、角質層にしっかりと定着する技術が使われています。この技術が使われている製品で市販に出回っているブランドはまだ少ないですが、通販で買えるブランドで一部ありますので、化粧水を買い替える方は、まずはこの技術に着目してみるといいでしょう。

20代後半からの日々の化粧がとても重要。まずは化粧水から

20代後半からの日々の化粧がとても重要。まずは化粧水から

今回ご紹介したように、20代後半から今まで使っていた化粧水をもう一度考え直す必要がありそうです。いままで問題なかった肌に吹き出物やニキビ、毛穴の黒ずみなどが見られた場合は、すぐに処置しないと一生ものの跡になって残ることも懸念されます。そうならないように、日々のスキンケアは大切にしてください。

20代後半からは化粧水選びに要注意!その理由とおすすめの選び方
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。