スキンコンディショナーを通販で購入するときのおすすめの選び方

スキンコンディショナーを通販で購入するときのおすすめの選び方

スキンコンディショナーを通販で購入するときのおすすめの選び方

スキンコンディショナーを通販で購入する場合、使用感を試すことができるのが一番良いですが、それができない場合もあるため、口コミや価格を見て検討する方が大半だと思います。また、昨今はスーパーやドラッグストアといった一般の市場には出回らない、通販のみの化粧品も増えてきました。

ただし、自身に合っていないスキンコンディショナーを選択した場合には、肌荒れなどの悲惨な事態を招いてしまいます。そこで、今回は通販でスキンコンディショナーを購入するときの選び方についてご紹介していきたいと思います。

スキンコンディショナーの選び方は「肌トラブル」のリスクが少ない製品を選ぶ

通販の選び方① 価格、ライン使いは一旦置いておこう

スキンコンディショナーの選び方をご説明する前に、まず化粧を使って一番怖いことは、肌に合わなかったときの肌トラブルです。例え高価なものであっても、自分の肌に合っていないと意味がありません。スキンコンディショナーをネット通販で購入する場合は、第一前提として肌トラブルのリスクが少ない製品を選んでください。

想定出来る肌トラブルの原因とは?

想定出来る肌トラブルの原因とは?

スキンコンディショナーに含まれている成分によっては、しばしば肌トラブルを起こすことがあり、それは例えば以下のような成分です。
・エタノール
・界面活性剤
・香料
エタノールや界面活性剤はよく知られていますが、スキンコンディショナーの匂いとなる香料も人によっては肌荒れを起こすと言われていますので注意する必要があります。

ちなみにエタノールや界面活性剤は多くの化粧品に含まれていますが、最新の技術が使われている製品に限っては、敏感肌の人でも問題なく使える場合もあります。少なくとも数百円で買えるものはやめておきましょう。

迷ったら現在使用しているスキンコンディショナーの成分表示を見てみよう

迷ったら現在使用しているスキンコンディショナーの成分表示を見てみよう

現在ご自身が使用しているスキンコンディショナーで肌荒れを起こしていないのであれば、通販で購入する際にも同じような成分のものを選ぶのもいいでしょう。「流行りだから」「口コミで良かったから」だけで選ぶのは危険かもしれません。新しいスキンコンディショナーに手を出したい場合は、洗浄成分が多く含まれているジェルタイプや、肌トラブルを起こしやすいクリーム、ミルクタイプは避ける方が無難。肌荒れを起こしてからでは遅いですので、肌負担の少ないローションタイプを使ってみるのがおすすめです。

また、現在使用しているスキンコンディショナーで肌荒れを起こし、買い替えを検討しているのであれば、使用しているものに肌トラブルの原因となる成分が含まれていないか確認してみましょう。先に述べたような成分が特に原因と考えられるため、それらが含まれていないものを選ぶことが大切です。

口コミも大事!ただし主観的な感想に注意が必要

口コミも大事!ただし主観的な感想に注意が必要

実店舗で買う場合は口コミを見ることはできませんし、スタッフに強くおすすめされて買わされることもあります。ネット通販では自分で好きなだけ口コミや評判を選ぶことができるのは大きな魅力です。ただし、口コミはあくまでも一個人の感想であり、肌質は一人一人違うため鵜呑みにする必要はありません。星で表す総合評価も、結局は平均値を取っているだけなのであまり意味はありません。口コミをすべて信用する必要はなく、テクスチャや肌の馴染み具合、伸び具合などの意見を重点的に確認するといいでしょう。「このスキンコンディショナーを使ったら次の日にニキビができました!」といった口コミもよく見受けられますが、結局はその人の肌に合わなかっただけですし、もっと言えば、本当にスキンコンディショナーを使ったことがニキビの原因かも不明です。

スキンコンディショナーは通販で購入するのがおすすめ!

昨今はわざわざ店舗に行く必要もなく、通販で自分の目に留まったスキンコンディショナーを気軽に購入することができるようになりました。ウェブサイトでたくさんの商品の中から口コミや成分、技術などを確認しながら1つ1つ商品を選ぶのは女子の楽しみの1つですよね。しかし、その便利さとは裏腹に自身の肌に合っていないものを購入してしまうと、肌トラブルを招いてしまうこともあります。成分表示を確認するなど、ご自身の肌に使用しても大丈夫な商品であるのかは最低限確認するようにしてくださいね。

スキンコンディショナーを通販で購入するときのおすすめの選び方
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。