クレンジングで混合肌にできやすいニキビを根本から解決

クレンジングで混合肌にできやすいニキビを根本から解決

クレンジングで混合肌にできやすいニキビを根本から解決

皮脂の分泌量が多いのに乾燥しがちな混合肌の方は、「スキンケアに悩む」という声を多く聞きます。皮脂を放置するとニキビを始めとする肌トラブルの原因になってしまいますし、洗い過ぎてもカサつく原因に……。また、脂性肌であっても、肌奥の見えないところは乾燥している、いわゆる隠れ乾燥肌の人も混合肌の部類に入るでしょう。こういった肌問題やスキンケアの悩みを解決するには、まずは適切なクレンジングを知るところからはじめます。どのようなクレンジングが合っているのかご紹介していきたいと思います。

テカりやカサつきの原因は全て乾燥にある?

テカりやカサつきの原因は全て乾燥にある?

混合肌の方に知っていただきたいのは、テカりもカサつきも感想が原因であるということです。一見するとテカりと乾燥は真逆の現象のように思えますが、肌のバリア機能は肌の深層の水分が失われることで、肌を守ろうと余分に皮脂を分泌してしまいます。そのため、乾燥肌が脂性を引き起こすという因果関係が成立し、これが混合肌の由来でもあります。

ニキビに悩む女性の写真

つまりは肌の保湿が重要になってくるわけなのです。「自分は脂性肌だから」といつも大量の洗浄成分を含んだ石鹸で顔を洗ったり、油取り紙で常に皮脂を除去してしまっていると、むしろ逆効果となってしまうのが混合肌の人の怖いところ。無論、混合肌の人は脂性肌と乾燥肌を表裏一体に抱えているため、肌トラブルが発生しやすく、女性の悩めるニキビもその一つとして挙げられます。

肌を保湿するクレンジングとは?

肌を保湿するクレンジングとは?

それでは肌の水分をなるべく損なわないクレンジングにはどのようなものがあるのでしょうか?まず、洗浄力の強いとされているオイルタイプやシートタイプ、場合によってはリキッドタイプも避けた方が良いでしょう。これらを使用することで、肌にとって必要な皮脂や水分まで失う恐れがあり、肌トラブルの原因に繋がる恐れがあるのです。もしも濃いメイクを落としたい場合にはポイントリムーバーを活用するようにしましょう。

メイク中の女性

おすすめはジェルタイプとローションタイプのクレンジングを使用することです。ジェルやクリームタイプは肌に吸着してメイクを吸い落とすことができ、一般的にさっぱりタイプのローションは洗浄力がジェルに比べて弱いとされています。しかし、混合肌の場合はジェルでは刺激が強すぎる可能性がありますし、脂性肌の場合はちょっと肌感覚が気持ち悪いですよね。

最近はローションタイプであってもジェルやクリームと同レベルの洗浄力を保持する製品も出ています。価格も安いもので2000円程度で買うことができるので、混合肌の人には肌負担が少ない分ジェルよりもおすすめできます。ちなみにクリームタイプやミルクタイプはアイメイクといった濃いメイクまで落としきるのはなかなか難しいので、部分的にこれらを使っている場合は部分的にクレンジングのテクスチャや製品を変えて使うのも有効です。

混合肌の人必見。クレンジングにもコツがあります

テカり部分は乾燥部に比べて皮脂の分泌量が多いため、ニキビもできやすいです。クレンジングのときにはこのテカりの部分(Tゾーン)からクレンジングすることをおすすめします。皮脂はたんぱく質や脂質で構成されており、分解・除去するには時間を要するためです。また、毛穴の奥に潜むアクネ菌は、このたんぱく質や脂質を餌にして繁殖し、大量に増えるとニキビを作る原因となります。そのため、ニキビには人によってできやすい部位とそうでない部位があるため、洗顔、保湿時も同様にテカる部分からケアするように心がけてください。

混合肌の人の悩めるニキビはクレンジングで解決しよう!

混合肌の方は、Tゾーンの皮脂の分泌量が多いためテカる一方で、口元や頬骨などといった皮膚の薄い部分は乾燥しがちです。ニキビを始めとする肌トラブルを招かないためには、混合肌に合ったクレンジングを選び、スキンケアを行う際には皮脂の詰まったTゾーンを優先的に洗浄して汚れの除去に努めてください。
ここでご紹介した方法を行えば肌トラブルも減ることが期待できますし、また、正しいクレンジングを続ければ、混合肌の体質自体の改善も見込むことができます。現在進行形で悩んでいる方は、是非試してみてください。

クレンジングで混合肌にできやすいニキビを根本から解決
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。