今はやりのクレンジングウォーター。一番の魅力は肌に負担がかからないこと

今はやりのクレンジングウォーター。一番の魅力は肌に負担がかからないこと

今はやりのクレンジングウォーター。一番の魅力は肌に負担がかからないこと

最近注目されているクレンジングウォーターですが、未だご存知無い方も多いのではないでしょうか。クレンジングウォーターは、その名の通り水のようにさらっとしており、これまでのクレンジングと比べてもさっぱりとした使用感とテクスチャーが特徴です。このクレンジングの一番の魅力は、なんと言っても肌に負担がかからないという点ですが、どういうことなのか見ていきましょう。

クレンジングウォーターは肌への負担が最小限!

クレンジングの主な成分は「水」、「油」、「界面活性剤」と言われていますが、クレンジングウォーターは水と界面活性剤でできていると言われています。界面活性剤と聞くと「お肌に悪そう……」と思うかもしれませんが、肌に悪いイメージの界面活性剤というのは、顔の油分を余分に落としてしまう効果を持つものです。

対してクレンジングウォーターに配合されている界面活性剤はメイクを乳化させる機能を持ち、必要以上に油分を落とさずメイクのみを落とすため、肌に良いと考えられているのです。

クレンジングウォーターでちゃんとメイクは落ちるの?

肌への負担を軽減したクレンジングは、いずれも洗浄力が弱いものばかりですが、クレンジングウォーターはどうでしょうか。まず、一般的なクレンジングウォーターは、オイルタイプやリキッドタイプほどのクレンジング力はありませんので、メイクの濃い部分はポイントリムーバーなどを併用する必要があります。また、普通のクレンジングウォーターは水と交わるとさらに洗浄効果が薄れてしまいますので、洗顔と一緒にやったり、お風呂場でメイク落としをすることができません。

最先端化粧品科学「バイコンティニュアス」を使ったクレンジングウォーターならすべて解決!

昨今の美容科学の中でも「バイコンティニュアス」と呼ばれる技術を使ったクレンジングウォーターであれば、洗浄力はオイルやクリームと同レベルを維持し、さらに洗顔やお風呂場で水と一緒に使うことができます。

バイコンティニュアス技術と販売製品について

クレンジングウォーターは肌質によって向き不向きがある

ここまで読んで、「クレンジングウォーターを試してみたい」と思う方もいるかもしれませんが、注意点があります。それは、どのクレンジングにも言えるように、このクレンジングウォーターにも肌質によって向き不向きがあるという点です。

クレンジングウォーターの使用方法としては、基本的にはコットンに取り拭き取りを行うというものです。このとき、コットンがひたひたになるまで液を染み込ませるものの、どうしてもコットンと肌との間で摩擦が生じてしまいます。敏感肌や乾燥肌の方はこの摩擦によって肌荒れを起こしてしまう可能性もあるため、使用する場合には注意が必要なのです。逆に、普段からコットンを使用しているような摩擦に耐えられる肌質の方であれば、クレンジングウォーターは向いていると言えるでしょう。また、上記でお伝えした「バイコンティニュアス」技術などを取り入れているクレンジングウォーターであれば、多額の開発資金を投じているので、敏感肌の人でも極力拒否反応を起こさないよう肌負担は最小限に抑えられています。

メイクの残り粉がないよう、質の良いクレンジングウォーターを使って

クレンジングウォーターは、肌の潤いはそのままに、化粧や汚れを落とすことができます。最近は化粧水や美容液が含まれている商品もあり、「スキンケアの時短に繋がる」と喜びの声も。また、上記でご紹介した「バイコンティニュアス」のような、最先端の技術が含まれているクレンジングも最近は2000円前後と比較的手ごろな値段で購入できるほど安くなってきました。是非いままでのクレンジングとの違いを確かめてみてください。コットン必須ですので、コットンが肌に触れても平気な方であれば使用することができます。気になった方は是非試してみてくださいね。

今はやりのクレンジングウォーター。一番の魅力は肌に負担がかからないこと
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。