20代で混合肌に悩んでいる人はクレンジングを見直してみよう

20代で混合肌に悩んでいる人はクレンジングを見直してみよう

20代で混合肌に悩んでいる人はクレンジングを見直してみよう

混合肌の特徴としては、おでこや小鼻周りのTゾーンはオイリーであるのに、頬などのフェイスラインは乾燥しているといったような、部位によって違う肌質を持っている点ではないでしょうか。肌質に合わせてクレンジングは選ぶべきですが、混合肌を持つ方の中には「どれを選べばいいのか分からない」という意見も多いです。

そこで今回は選ぶべきクレンジングをご紹介していきたいと思いますので、是非参考にしてみてください。

混合肌の原因はストレスや疲労、ホルモンバランス

混合肌の原因はストレスや疲労、ホルモンバランス

ここ最近増えてきたのが20代の女性の混合肌。肌トラブルに多く見舞われる30代よりも若年層の女性の間で増加傾向にあるのは、女性の社会進出が目立ち、男性と同じように日本社会の激務に耐えているからと言われています。混合肌は後発的な要素が強く、大きな要因の1つが社会でのストレス、疲労、ホルモンバランスの乱れとなります。「社会人になって初めて独り暮らしをした」、「なかなか仕事になれなく毎日残業続き」といった20代の女性は非常に多く、さらに精神的な疲労から生理不順に陥ったり、自律神経が乱れて寝不足、栄養不足になったりと、様々な要因で混合肌は作られます。

乾燥部位に合うクレンジングを選ぼう!

乾燥部位に合うクレンジングを選ぼう!

20代女性の混合肌の方でよくあるのが、Tゾーンのテカりが気になるばかりに、その点に重点を置いてクレンジングを選んでしまうというケースです。例えば、数あるクレンジングの中でも濃いメイクも落としてしまうほどの効果を持つのが「オイルクレンジング」ですが、混合肌の方は皮脂や毛穴の隅々までクレンジングしようとして、このオイルクレンジングを選ぶことがあるようです。

しかし、乾燥しがちなフェイスラインにこのオイルクレンジングを用いると、本来肌に必要な油分や水分まで落としてしまうため余計に乾燥を招いてしまい、肌トラブルの原因となることも……。このことから、乾燥部位に合わせたクレンジングを選ぶことをおすすめします。20代の中でも前半であれば、まだまだ肌トラブルが表面化することは少ないですが、間違ったスキンケアを続けていると、肌奥で蓄積したのち、20代後半頃から徐々に目に見える形で悪化することを覚えておいてください。

乾燥部位に適したクレンジングとは?

乾燥部位に適したクレンジングとは?

それでは、乾燥部位に適したクレンジングとはどのようなものがあるでしょうか?乾燥している肌には「肌に負担の少ないもの」と「刺激の原因とされる界面活性剤不使用のもの」を選ぶと良いとされています。

肌に負担の少ないクレンジングには、「クリームタイプ」「ミルクタイプ」「バームタイプ」などがあります。これらは保湿力があり、肌への刺激も少ないのです。また、界面活性剤が使用されているかどうかは商品の成分表をご確認ください。例えば、「ラウリル〜」「〜アンモニウム」「〜クロリド」「スルホン酸〜」などの表記があれば界面活性剤が含まれておりますので避けるようにしてください。

濃いメイクが落ちない場合はどうするの?

肌に負担の少ないクレンジングというのは、クレンジング力が弱いということでもあります。それらを用いても濃いメイクやアイメイクは中々落ちないのです。そこで、クレンジングを行う前に、部分的にクレンジングすることをおすすめします。アイメイクのクレンジングに特化したアイメイクリムーバーなどが販売されているので、メインのクレンジングと併用してみてください。

最近の美容科学の発達で、肌に負担をかけずに頑固なメイクを落とせるクレンジングも

しかし、昨今の日本の美容科学は非常に目を見張るものがあり、肌への負担を最小限に、頑固なメイクを落とすことができる製品もあります。目に見えないさまざまな技術が駆使されて商品開発がされているので、クレンジングを購入するときは、単に口コミや値段を見るだけではなく、どのような成分や技術が使われているのかもしっかりと確認するようにしましょう。

20代の混合肌は早めに改善しよう

20代の混合肌は早めに改善しよう

混合肌は部位によって肌質が違うため、クレンジング選びも難しいです。オイリーな部位が気になるとは思いますが、乾燥部位に合わせたクレンジングを選び、潤いを守ることの方が重要です。20代であれば、まだまだ混合肌を元から改善することができるので、自分の肌にマッチしたクレンジング製品を選び、正しいスキンケアを日ごろから実践するようにしてください。

20代で混合肌に悩んでいる人はクレンジングを見直してみよう
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。