スキンコンディショナーで肌荒れ!原因と解決方法
スキンコンディショナーで肌荒れ!原因と解決方法

肌に潤いをもたらすスキンコンディショナーですが、使い方を誤ったり、肌と成分が合わなかった場合、しばしば肌荒れを起こすことがあります。肌荒れの原因はスキンコンディショナーに含まれるいずれかの成分が、その人の肌と合っていないことが主に考えられるのですが、じゃあどの成分かを考えたとき、素人では答えがでません。別の製品に切り替えても同じように肌が拒絶反応を起こすこともありえますし、もしその製品が高級ブランドだったら、お財布も痛いですよね。

では、どの成分が肌に影響を及ぼしているのか、また、その解決方法などを考えていきたいと思います。

肌荒れの原因は「エタノール(エチルアルコール)だった!?

肌荒れの原因は「エタノール(エチルアルコール)だった!?

スキンコンディショナーを使用するとスッと染み入るような清涼感を感じられることがあると思います。これはスキンコンディショナーに含まれる主な成分「エタノール」による作用です。エタノールは他にも肌を引きしめたり、角質や汚れを清浄し殺菌する作用があります。普通肌や脂性肌で「肌がオイリーでテカテカ」というような悩みのある方であればこの成分は非常に有用でしょう。

しかし、乾燥肌や敏感肌の方は、もともと肌のバリア機能が弱いため、エタノールが肌の保湿に必要な油脂まで奪ってしまうことになり、真皮層の水分と共に蒸発してしまうことがあるのだそう。結果、より一層の乾燥を招き、肌のバリア機能も低下し、多くの肌トラブルの原因となるだけでなく、シミやたるみといった老化の原因になってしまうのです。

肌荒れを起こしたときは迷わず皮膚科を受診しよう!

肌荒れを起こしたときは迷わず皮膚科を受診しよう!

スキンコンディショナーで肌荒れを起こした場合には、ひとまず使用を中止するべきでしょう。また、自身で原因を調べて基礎化粧品を変えたり、市販薬で肌の修復を試みる方もいるとは思いますが、一番は専門家である皮膚科の受診をおすすめします。

例え自力で肌荒れを改善できたとしても、また同じような惨事を繰り返しかねないため、自身の肌について知り、その後の肌トラブルを避けるためです。

また、一度受診したから良いわけではなく、季節や年齢を重ねるに連れて肌質は変わってしまうため、特に肌が弱いと自覚している方は定期的に受診しておいた方が良さそうです。

皮膚科でパッチテストを受けるのも有効な手段

皮膚科を受診する際、単に現在表面化している肌トラブルを修復するだけではなく、パッチテストを行ってどの成分が原因かを調べることもできます。パッチテストではおよそ一週間ほど様子をみて刺激反応とアレルギー反応を調べます。数千円程度で調べることができるので、肌荒れを起こしたスキンコンディショナーを持って受診してみるのもいいかもしれません。また、最初のパッチテストから最低48時間はお風呂に入ることができませんので注意してください。

皮膚科を受診する時間が無い!そんなときの対処法は?

皮膚科を受診する時間が無い!そんなときの対処法は?

肌荒れを起こした場合には、早急に皮膚科を受診することが望ましいですが、多忙などで中々行けない方もいると思いますので、臨時の対処法をご紹介します。まずはスキンケアですが、刺激性の低いミルククレンジングやさっぱり系のローションを使用し、ダブル洗顔は控えるようにしましょう。基礎化粧品も低刺激性のものを使用するようにしてください。メイクはなるべく薄めにし、肌への負担軽減を心がけます。

また、睡眠をしっかり取ることやバランスの良い食生活を心がけたりと、生活習慣を少しでも改善すると、肌質も変わってきます。必要であれば肌の修復を助けるビタミンCドリンクや、プロテインを飲むのも一つの有効な方法として覚えておいてください。
皮膚科を受診するときは、やはり肌の調子が悪いときが一番良いと思いますので、折を見つけて早めに受診するようにしてくださいね。

スキンコンディショナーによる肌荒れは、原因を解明するのがおすすめ

スキンコンディショナーによる肌荒れは、原因を解明するのがおすすめ

スキンコンディショナーは合う方にとってはとても良い基礎化粧品ではありますが、合わない方が使用すると肌荒れを招いたりと悲惨なことになってしまうこともあります。肌トラブルを起こしてしまった場合には即使用を中止し、皮膚科を受診するようにしてください。

スキンコンディショナーで肌荒れ!原因と解決方法
最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。