30代で美白作り!化粧水によるエイジングケアが絶対に必要な理由

エイジングケアと言えば、多くの女性は30代から本格的に気にするようです。また、40代以降はちょっとお高いブランドの化粧品を使い始め、世代別には50代、60代が月々の化粧品の消費金額が最も大きいという市場統計も出ています。

しかし、エイジングケアは実は40代からでは遅いといえます。エイジングケアはシミや皺などを予防するためのアンチエイジングとなるため、これらの肌症状が発生する前から対策を講じなければなりません。

そこで、今回は30代の女性に向けて、化粧水(スキンコンディショナー)からはじめるエイジングケアのすすめをご紹介します。

エイジングケアをはじめる最適な年齢は?

エイジングケアをはじめる最適な年齢は?

エイジングケア(アンチエイジング)を始める年齢は人それぞれ見解が異なるようですが、一般的には20代半ばから後半からスタートするのがおすすめとされています。20代半ばから女性の肌周期は徐々に遅くなり始めることが要因に挙げられます。一方で10代や20代前半から高い美容液や乳液を使っていると、逆に脂分をとりすぎて肌質が脂性肌になってしまうおそれもありますので、この年代の女性が気にするのは化粧水程度でかまわないと言えます。

仕事で疲れている女性

30代にさしかかると、仕事面では役職が付いたり、重要なポストを任せられたりと、日本の社会の厳しさを一層知ることになるでしょうし、人によっては出産を経て子育てと両立あるいは専業主婦をこなしている方も増えてきます。いずれにしても自由な時間を買ってでもほしくなる年齢。日ごろの偏った食生活や睡眠・運動不足が祟って吹き出物ができたり、シミや目じりの皺、たるみ、むくみ、ほうれい線がうっすらと……なんて事態も想像に難しくありません。

30代のエイジングケア。まずは美白化粧水からはじめてみては

30代のエイジングケア。まずは美白化粧水からはじめてみては

30代に入ってエイジングケアをはじめようと考えている女性は、まずは美白化粧水を使うところからはじめてみてはいかがでしょうか。美白化粧水というのは、「シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制する成分が含まれている化粧水」と定義づけされます。有名どころでいえば、「アルブチン」や「ビタミンC誘導体」が該当します。左記のようなメラニン抑制成分を含有している化粧品に限り、『美白』という文字を商品PRに使用することができます。

美白成分は通常は美容液に含まれているものですが、昨今は化粧水にも同じ成分を含有している製品も一部でありますので、そちらを見つけてみてはいかがでしょうか。化粧水は美容液ほど値段も高くはありませんので、はじめての本格的なエイジングケアのステップとしては最適な選択となるでしょう。

美容液に負けない美白化粧水の効果

美容液に負けない美白化粧水の効果

上述した美白成分が含有している化粧水は、まだ種類こそ多くはありませんが、もし自分の肌に合ったものを見つけることができれば、それは美容液に匹敵する美白効果を得られるかもしれません。化粧水は美容液の浸透率を高めるためのブーストの役割と思っている方は、もしかしたら古い知識かもしれません。いまの化粧水は水分だけではなく、非常に多種にわたる美肌成分が含まれていて、さらにナノ化された成分は肌奥まで浸透することができます。

敏感肌の人は化粧水で最大限のエイジングケアを

敏感肌の人は化粧水で最大限のエイジングケアを

植物由来成分は敏感肌の人でも肌にかかる負荷は最小限で済むため、美容液で肌荒れしてしまう人は、化粧水でアンチエイジングを試みるのもおすすめできます。敏感肌の人は肌表面を覆うバリア機能が弱い傾向にあるため、外部刺激により乾燥肌の体質となりがちです。その場合は負担の少ない化粧水でエイジングケアを試みつつ、乳液で保湿をしてあげるのがいいでしょう。

肌の老化の速度は30代からのエイジングケアで決まる

肌の老化の速度は30代からのエイジングケアで決まる

肌の老化の速度は20代半ばから徐々に早くなっていきますが、30代からエイジングケアをはじめても十分間に合います。ただし、人によって肌の老化速度は違いますので、もしかすると、気づいたときにはすでにシミや皺がでてしまっているかもしれません。そうならないためにも、早い段階でエイジングケアをスタートするのが吉。

まずは良質な成分が含まれている美白化粧水から初めてみてはいかがですか。

最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。