美白は化粧水で作る。さっぱりタイプがおすすめ

美白というと、「肌が明るい」、「色白の肌」といった表現が思いつきますが、厚生労働省の見解によると、「メラニンの生成を防ぐ効果のある化粧品」に対して美白と商品PRすることができるとあります。メラニンとは、シミやそばかす、肌の日焼けの原因として挙げられる色素です。つまり、メラニンによる色素沈着を防ぐことが、美白の肌の形成に繋がる近道と言えそうです。

効果的&敏感肌の人におすすめの美白成分

効果的&敏感肌の人におすすめの美白成分

美白成分は植物由来成分やビタミン成分含めると数十種とありますが、ここではさらに敏感肌の女性でも肌への負担が少ないおすすめ成分をご紹介します。

アルブチン

アルブチンとは植物由来の天然の配糖体。日本の厚生労働省によって美白成分として認められています。アルブチンの具体的な効果は、チロシナーゼの阻害というもの。シミや日焼けを作るメラニンは、角質層の奥でチロシナーゼとチロシンという成分が繋がることによって生成されます。アルブチンには、そのチロシナーゼの生成を抑制する効果があることが分かっており、現在高級ブランドの化粧品メーカーでも多くがこのアルブチンを化粧水に含有しています。

ビタミンC誘導体

ビタミンCは口腔で摂取すると、大半が身体に吸収されることなく尿となって排出されてしまい、美白への影響はほとんどありません。そこで化粧品として開発されたのは、ビタミンCと同等の機能を持つビタミンC誘導体です。このビタミンC誘導体には、アルブチンと同じようにチロシナーゼの阻害の効果を持つのですが、実はそれ以外にもメラニンの色素を元に戻す効果あります。もちろん薬ではないので絶対に、というわけにはいかないのですが、ビタミンC誘導体はメラニンの元となるチロシンが変色(色が濃厚になる)する前に戻す効果が認められています。アルブチンとビタミンC誘導体両方が含まれている化粧水であれば、美白効果もより期待することができます。

化粧水/スキンコンディショナーはさっぱりタイプがおすすめ

化粧水/スキンコンディショナーはさっぱりタイプがおすすめ

化粧水にはさっぱりタイプとしっとりタイプの2種類がありますが、通常は好みによって使い分けることができます。テクスチャの違いではありますが、おすすめしたいのはさっぱりタイプとなります。まず化粧水の使う時期について。朝の化粧水は美容液を使う前に肌にはりを与え、毛穴を広げるのが主な役割です。美容液や乳液はいずれもしっとりとしたテクスチャのため、肌の下地となる化粧水/スキンコンディショナーはさっぱりとしたタイプが肌にも気分的にも落ち着きを与えてくれます。もちろん普段はしっとりとした化粧水を使っている方も、夏場だけはさっぱりタイプを使う、といった使い分けも可能です。

一方、夜に使う化粧水/スキンコンディショナーは、クレンジングでメイクを落として洗顔をしたあとに、水分を肌に閉じ込めておくのが主な役目。化粧水を使った後は、できればナイトクリームもつけてあげると、就寝中も肌にバリアを張ることができます。化粧水もしっとりタイプを使ってしまうと、返って肌がべたついてしまう可能性が大いにあります。いままでしっとりタイプを使っていた方も、ふとしたタイミングでさっぱりした化粧水を使ってみたら「こっちの方が肌に違和感がない」と切り替えることも珍しくありません。

美白は化粧水で作る。今使っている化粧水をもう一度見直して

美白は化粧水で作る。今使っている化粧水をもう一度見直して

美白を作るのは美容液と思っている人にとって、今回の情報は朗報ではないでしょうか。いままで化粧水を数百円の安いものを使っていて、含まれている成分をよく確かめもせずに選んでいた方は、ここで紹介したアルブチンとビタミンC誘導体が両方含まれている化粧水・スキンコンディショナーを探してみてはいかがでしょうか。美白は一日にしてならず。日々の積み重ねによって徐々に形成されていくものなので、いまからでも十分遅くはありませんよ。

最新情報をチェックしよう!
>ビィビュー

ビィビュー

素肌の「潤うチカラ」を感じる
はじめは、ビィビューから。